志麻子「ジュボ・ジュボボボボボボー」

Pocket

お題:見た目で人を判断して失敗したことがありますか?

志麻子
何か知らんけど騙されたとか、
腹立つわー何か悔しいわーっていうか、してやられたー!
みたいな気になるのが……

童貞と思い込んでいた鈴木君が、3Pまでやってたっていう。
何なんそれー!


ふかわ
あのー、マタニティーヌードされた方ですよねー。
非常に肌の綺麗な……意外でしたね


8位:斎藤工の口説き術

記事では、とある女子大生が明かした、斎藤工さんの口説き術を掲載しています。

あるパーティーに参加したこの女性。突然ある男性から声をかけられ、別れ際にLINEのIDが書かれた紙を渡されたそう。
その男性が斎藤工さんだったことに気づいた女性は、しばらくしてからLINEを送信。
すると直後に「普段は絶対にこういうことはしないのですが、あなたには何か特別なものを感じました」という返信が寄せられ、女性はドキドキが止まらなかったということです。

中瀬
モテ男の、非常にスマートな……

まぁ恋愛ですから、結果としてはそうなった(ヤリ逃げ)かもしれないけども、
始まりとしては非常にスマートだし。

こんなん渡されたらもう……すごいですよね


ふかわ
私もかつてですけど、喫茶店のウェイトレスさん。

非常にかわいらしかったんで、メールアドレス?電話番号ですかね?
電話番号を渡したんですよ。

そしたら思いっきり厨房の冷蔵庫に張られましたからね。
完全に精肉業者と同列


7位:用の足し方

夕刊フジのコラムでは、男性の用の足し方について考察しています。

最近の若い男性は、小便器の前でベルトを緩め、社会の窓を全開にして下着のパンツも押し下げてから用を足すことが多いのだそう。
以前はファスナーだけを下ろし、そこから大切な物を出すやり方が多かったようですが、最近のズボンは股上が浅くてファスナーが短いため、このような方法が主流になってきたようだと記事は分析しています。

ふかわ
志麻子さん、何か……用を足すツアーが?

志麻子
何の用ですかコレはww

ちょっとね、冗談みたいですけど……
よくまぁセブンアンドアイさんが売ってくれるよなぁと思うんですけど。

あのー、
“私と行く台湾ツアー・オバハンだって楽しみたい♪グルメでディープで開運じゃ!”
ってようわかりませんけど。

台湾に2泊3日で行くんですよ、3月17日~19日まで。
でもこれね、ほんっとにセブン旅ネットで売られるんで、
そんなにお値段も高くないと思うんですわ。

わたくしがあのー、世界で一番の親日国?w 台湾を周ります。
もう皆さんね、もうこれからは台湾ですよ、台湾。
なんたって台湾ですよ!

やっぱ親日国ですかよ!やっぱりこれからは!!うん


中瀬
何なんだよオマエはwww

ふかわ
あのーすいませんw
いくら色々聞いても、全然中身見えて来ないんですけどwww

志麻子
まぁとにかく、台湾で志麻子と遊ぼーよっていうことですよ。

パワースポット行ったり、もうね、ご飯も美味しいしね。
とにかく親日国だしさー、いいのよあの国は本当に。
行こ?みんな、親日国に


ふかわ
はい…………騙されないでくださいねwww


6位:ヒラリーを喜ばせたメイク

朝日新聞のコラムでは、メイクアップアーティストの吉川康雄さんが、過去にヒラリー・クリントン氏のメイクを手掛けたときのエピソードを語っています。

ヒラリーさんの顔を見たときに感じたのは、仕事ができるように見せるよりも、女性らしさを出した方が魅力が深まるということ。
そんな思いから、顔には艶を出し、唇にはリップグロスを塗って仕上げたところ、子供の用にウキウキして喜んでいたということです。

ふかわ
上田さんなんか、
メイクのコンセプトってあるんですか?普段

上田
出来る限りやらないこと……ですね。

なんで、ファンデーションも塗ってないんですよ


志麻子
うぇっ!?
綺麗なお肌

中瀬
ぇ?今も?

上田
はい。
コンシーラーちょこっと気になるとこだけカバーして

中瀬
何の自慢や、お前!ww
ワシらバリバリ厚塗りしとるわ、ほんまに!w

ふかわ
ほとんど気になるところがない?

上田
いや……何かあの、
塗りすぎて、長時間外に出るとやっぱりバリバリして、直すのも手間がかかるので、
だったらじゃぁやらない方がいいじゃんっていう結論に至りました

中瀬
はー! そーですかー!


5位:孤立と虐待

2014年度に虐待を受けて死亡した18歳未満の子供44人のうち、詳しい状況が確認できた29家庭の7割以上が、近隣住民との付き合いがほとんどないなど、地域で孤立していたことがわかりました。

専門家は、自分が責められるのではないかと警戒して、自治体との関わりも避ける親がいると指摘。
家庭の孤立が虐待の背景にある状況が改めて浮き彫りになったと記事は伝えています。

中瀬
虐待するから自然に孤立してったのか、
それとも孤立してったから虐待したのかって……
ほんとに鶏か卵みたいな話なんですけど。

あの、東京に来て思うのは、私会社員なので、
会社に行けばほんとにいっぱい同僚もいて、誰とでも話すんですよ。

でももし私が会社員じゃなくて家にいたら、
例えば何日も人と話さないみたいなことが実際あるかもしれない。

こないだ行きつけのバーのマスターが、バーを休んで1日人と話さなかった時に、
コンビニで何か入れてくれてる時、“ありがとう”って言おうとした時、
声が……ありがとうの声が出なかったって、びっくりしたって話してましたけど。

本当にそういう風に、
ソサエティに属してないとそういうことがあるわけですよ。

だから子供と母親だけでずぅーっと二人だけの世界になったことで、
深まる物もあるかもしれないけど、深まったが故に起こる悲劇もあるっていうか。

多少は声掛けていくみたいなね、“子供さんかわいいですねー”とか、
そういうなことでもしかしたら、それで声を出すことで
“今日は1人と喋った”
みたいなことがあるかもしれないなと思うんで。

私、人のお子さん見るのは好きですからねぇ。
やっぱ“かわいいですね”って声は掛けますけどね


ふかわ
関わりあうことはやはり大切ですよね……


4位:ピン子の通販

泉ピン子さんが出演するTBSの通販バラエティ「ピン子、通販やるってよ」が、今通販業界の神番組と呼ばれ、商品がバカ売れしているそうです。

この番組でピン子さんは、ケチキャラ・ねびきひき子を演じており、土下座あり、脅迫ありのなりふり構わない値下げやオマケ交渉が共感を呼んでいるとのこと。
人気の理由についてある芸能リポーターは、昔ハワイで会ったピン子さんが、両手に大きな紙袋を抱え、汗でサングラスがずり下がり、顔が丸見えになるほど自分の欲しいものに貪欲だったことをあげ、だからこそ他の人にはない本気さが、視聴者に伝わっているのではないかと分析しています。

志麻子
ピン子さんがほんとに、この方自身がお買い物が好き。
あと、これ欲しい!っていう物欲が強いっていうのは、伝わってくるっていうか。

私先日ね、人気のAV女優さんと対談してね。
私ついね、「やっぱり仕事だったら、小っこいほうが楽だよね?」って言っちゃったら、
“いいえ!!仕事でも大きい方がいいです!!”って言ったんですよ。

おぉ!プロだけど仕事を楽しんでるな、素晴らしいなと思いましたね


中瀬
通販と何の関係があるんじゃ!ww


3位:愛より憎悪

近藤勝重さんの連載「しあわせのトンボ」では、言葉にまつわる村上春樹さんの言葉を引用しています。

村上さんはヘイトスピーチについて、「愛よりは憎悪の方が。理性よりは怒りの方が簡単に言語化できるということを説明するのに、あんな奴はカスだ、アホだ、無価値だ、非国民だと罵倒する方が、あの人はとても立派な人ですと説明するよりは多くの場合インスタントな説得力を持つ」と語っています。

中瀬
例えば人を褒める時って、原稿とかね本とかを読んだときに、
面白かったって伝えるのって、
“面白かったです”とか“感動しました”とか“素晴らしかったです”とか、
意外とボキャブラリーってなかったりとかして苦労するんですよ。

でも、作家さんによっては
“何か下手な解釈をされるより、面白かったって言われたのが僕は一番うれしいんだよ”
って丸谷才一先生とかも仰ってたりするんで、割とシンプルだったりするわけ。
でもけなす時って、ボキャブラリーが結構あるんですよ。

これ、人に対してもほんとに
“素晴らしい人だ”とか“あの人ね、優しい人だよ”とか“最高だよ”とか言うよりも、
“あれはなー!”とか言って、
チンカスみたいなんだよとか……イヤイヤイヤイヤイヤww

ボキャブラリーがいくらでも出てくるわけですよwww
っていうようなこととかね、そういうもんですよ


2位:ヌーハラ

フジテレビ系の報道番組「ユアタイム」で14日、ラーメンなどの麺類をすする音を巡るヌードルハラスメント、「ヌーハラ」を特集しました。

番組によると、外国人には麺をすする音が、トイレの音などと同様に不快に感じるそう。
しかしメインキャスターの市川紗椰さんは、「私はどんなお客さんがいても、絶対すすります。その方が香りが広まって美味しい」と麺のすすりを擁護しました。

志麻子
確かにそのー、
“うわー、美しい食べ方だなー”っていうか、
ほんとにお行儀の良い方、上品な方っていうのは感動するし、
“あらーこれは……”っていうのも確かに生理的な部分ではあるんですけど。

私は基本的に、よその国のね、文化に驚いたり、
“え?日本とはずいぶん違うわねー”
って思ったりしても、
下品であるとか野蛮であるとかそんなことは全然思わないですよ。

手掴みが正式な作法の国もありますしね。
日本人から見たら手掴みってビックリですけど、それはその国の物ですから。
それを日本と違うからと言って下品とか、そんなこと全然思わないですわ。

だからそのー……まぁ私はね、結構いただく時は、
ジュボ・ジュボボボボボボーとかって音たてますけどね?


ふかわ
…………まぁ、何を召し上がっているのかわからないですけどwww


1位:電マの歴史

記事では、AVの小道具の一つとして一般的になった、電動マッサージ機、いわゆる電マについて語っています。

電マは元々19世紀後半の欧米で、治療器具として開発。
その目的は、肩こりでも腰痛でもなく、ヒステリー症候群になった婦人の治療に使われていたそうです。
当時は厳格なキリスト教会の下、性的欲求不満が溜まった多くのご婦人たちが情緒不安定になり、いわゆるヒステリー状態になっていたとのこと。
その治療として電マは性器のマッサージに使われたと、知られざる歴史を紐解いています。

志麻子
本来の使用がなされていないと言ってたけれど、
実は本来の使用の仕方をしてたわけですよね、これ。

うちにいっぱい、皆手土産でくださるわけですよ、電マをね。
でもう、みんなにあげていくんだけど……

西原理恵子ちゃんのお母さんが喜んで肩に使ってるって聞いて、
私“うわー、本来の使い方をしてくれてる人もいるんだ”
ってうれしかったんですけど……

なーんだ!なーんだ!
理恵子ちゃんのお母さんが違う使い方してるんじゃないかっていうことですわねぇ


ふかわ
………wwww

志麻子
ほんまに10本くらいありますよ

ふかわ
はいww
ありがとうございました。
以上夕刊ベスト8でした


ことわざアップデート

【濡れ手で粟】

ジョナサン
「スーパーの試食でディナー」

中瀬
「濡れててアワワ!」

志麻子
「ちぢれ毛で毛じらみ」

視聴者
「資金源がパパァ」

視聴者
「右手であぁ……」

【鶏口となるも牛後となるなかれ】

ジョナサン
「MX長年レギュラーとなるも キー局単発なるなかれ」

中瀬
「口でヤるも 尻でヤるなかれ」

志麻子
「素人童貞となるも AD鈴木と3Pするなかれ」


多田ダダが選ぶ1位:孤立と虐待

記事では虐待死が起きた家庭の7割以上が、ご近所付き合いがない孤立した家庭であったことと、孤立と虐待には関連があると紹介。

7割以上が近所との付き合いが皆無で、それが虐待にも繋がっているという記事なんですけど……
ちょっと私はこの記事は眉唾物な感じがいたします。

眉唾物は言い過ぎだとしても、この記事を読んで「あぁ、そうなのか」と純粋に記事内容を鵜呑みにするのは違うと思います。

虐待と孤立の関連があるという結論に至ったのには、虐待死家庭の7割が孤立していたという統計を基にしているようなのですが、そもそもこの数字が少なすぎます。
たった29件の分母ですよ。これでその内7割が孤立していたから、孤立と虐待は関係があるというのはちょっと乱暴な理論でしょう。

仮に、これがものすごい多い分母でも7割であったとしても、孤立と虐待に相関関係があると言うのはどちらにしても乱暴だと思います。
だって、そもそも数十年前と比べ、現代社会にある家庭って特別な理由がなくたって孤立している場合って結構ありますよね。

田舎はわかりませんが、都内やその近辺のマンションだったりすると、ご近所付き合いをしていない家庭なんて相当数ありますでしょ。
私も多分孤立組の一人だと思います。

マンションに住んでますが、廊下や階段、駐車場などですれ違う時に一言挨拶を交わすだけで、名前すら知らない人達だらけです。
以前住んでいたアパートでも、お隣さんと会話したのは、お隣さんがベランダでお子さんと遊んでいて、ボールが私の部屋のベランダに入ってしまった時ぐらいしかありませんでした。
むしろ、そんなハプニングでもなければ、一言も会話なんかなかったことでしょう。

そんなもんじゃないですか?
それを孤立家庭と呼び、さらには虐待と関連があるなんて言われるのは……ちょっと違いますよね。
そもそも孤立家庭が増えているんですよ。
だから虐待死の家庭が孤立している確率だって上がるのは当然ですし、むしろ何も問題なく健やかに子育てをしている孤立家庭も増えているはず。
そちらに目を向ければ、孤立が健やか子育てと関連してるって話になってしまいますよね。

虐待はもっと別の深い要因があると思いますし、虐待される児童数が年々増加しているとも伝えられていますが、そもそもどこからが虐待なのかのハードルが昔より下がっているから数字が増えているのだと私は思います。
親や先生に殴られる、蹴られるが当たり前だった時代に同じ調査をしたら、とんでもない数字が叩きだされるのは自明の理。
そう考えると、果たしてこの統計データに何の意味があるのか……と私は思ってしまいます。

ちなみに虐待と虐待死のデータを2000年ごろから見ると、虐待相談件数は年々かなりの増加傾向がありますが、反対に虐待死は多少の上下はあるものの減少傾向になっています。
ということはつまり……虐待相談のしやすい環境と、虐待基準が厳しくなったことが、虐待死の減少へと繋がっていると言えるのではないでしょうか。

昨今の報道では、虐待が増え、虐待死も増加しているような危機的印象を与える感じですが、現実と報道内容はちょっと違うようですね。

まぁ、私は虐待ゼロを目指すなら、子育てはすべて……pepperがやれば良いと思います。

Pocket

SNSでもご購読できます。