志麻子「私も下ユル子とか言われてますからね」

Pocket

お題:あなたには謝ってほしい人がいますか?

中瀬
謝ってほしいって思うってことは、その人への想いがあるから、
だから“あなた謝ってよ!”とかって思う相手には気持ちがあるんですよ。

だからこの、ゲスの奥さん?
ゲスの奥さんって言ったら変ですけど、ゲス妻が、
やっぱりこう気にしてるのはそこだと思うんですね。
愛がある夫であるから、まだ謝られてないとか言う気持ちがあるわけですよね。

だけどほんと記事読んで、色々やっぱ彼女が一番つらかったのは
お正月に実家に行かれたことだったっていうことは、すごいそれは言ってまして。

しかも自分が行くはずだった飛行機のチケットを
“アレどうなったの?”って言って……

自分が不仲になったせいで取りやめた後に、
そのチケットを使って二人で行ったらしいっていうこととかも書かれてて、
結構これはヒドイなと思いましたけどね


ふかわ
そうですねぇ……中瀬さん。

今その“ゲスの奥さん”ってのを言い直した結果
“ゲス妻”って……



8位:かーくんメッタ斬り

元光GENJIの諸星和己さんらが出演する舞台「Honganji」の記者会見が昨日開かれ、SMAPの解散報道も重なって多くの報道陣が集まりました。

解散報道についてきかれた諸星さんは「さっき聞いたばかり。全員オートレースに行っちゃったらいいんじゃない?」と軽く回答。
さらに「もし辞めたらいつでも声をかけて。僕がメンバーに入るから」とコメントし、その場を賑わせていたということです。


7位:セクハラ講師神扱い

「彼女のなだらかなキュウリョウをうっとりと眺めた」「きみのエキスをチュウシュツして飲み干したい」など、セクハラまがいの漢字問題が収録されているとして、駿台文庫が発行していた漢字問題集が回収される騒動となりました。

この問題集を作成していたのは駿台予備校に勤める霜栄講師。
霜栄氏は髪を金髪にするなどチャラい一面もあったそうですが、質問への対応が丁寧で、生徒からとても人気があったもよう。
またテキストに載せる自作の小説が毎回おもしろいと評判で、授業では露骨な下ネタや性的表現は一切なかったということです。

志麻子
そもそもねぇ、“しもさかえ”って名前、これは芸名?

ふかわ
恐らく……講師やるうえでの

志麻子
でしょうね、だってできすぎというか。

“シモ・サカン”とかね。
なんかそんな感じじゃないですか


ふかわ
そっちのシモではないんですけど、結果的に……

志麻子
あ、そうなんですか?
それは残念ですね

ふかわ
まぁ当たり前なんですけどww
駿台予備校ですからね?ww

志麻子
まぁ私も下ユル子とか言われてますからね


6位:女児虐待LINEに証拠

埼玉県狭山市のマンションで顔に火傷を負った3歳の女児が死亡しているのが見つかり、母親と内縁の夫が逮捕された事件。

捜査によるとふたりのLINEのやり取りの中に虐待をうかがわせる記述があったことが明らかになりました。
県警は、両容疑者の供述や、LINEの記録などから、去年秋ごろから虐待がエスカレートしていたとみて捜査を開始。
マンションの押入れには金具が取り付けてあり、閉じ込めるために使用されえた可能性もあるとみられています。


5位:ああ、これやったんや

お笑い芸人サバンナの高橋茂雄さんは、週に9回も通うほど銭湯大好き芸人なんだそうです。

中でも特に好きなのが水風呂で、サウナで体をほてらせキンキンに冷えた水風呂にザバーっと浸かり、「ああ、これやったんや」と喜びの声をあげるとのこと。
また、「ニューヨークニューヨーク」と名づけた入浴法では、いきなり湯船に入らず、まず足をいれ、自由の女神のように手を上げて、きりもみ式に回転入浴するんだそうです。

志麻子
韓国に行くとね、いくら黙ってても日本人ってバレちゃうのが……

やっぱりね、こんな私でもついついタオルでね、
前隠したりなんかしちゃって……立派な黒アワビですけど。

ちょっとチラっとか……あわチラとかしちゃうんですけどw
もう隠して。

で、この隠してることでもう日本人だ!って分かっちゃうんですよ。
向こうの方皆オープンですからね


ふかわ
どこも隠さない?

志麻子
隠さない。
男の風呂の方もそうらしいですね。
皆松茸むき出しみたいな感じで。

あーあ……韓国に松茸狩りに行きたいなぁ……


ふかわ
何ですかそれ?w

志麻子
それでね、おっぱいね?
シリコンが入ってる人ってね、偽おっぱいって沈むんですよ。
天然のオッパイって脂肪だから浮くんですよ。

見るたんびに、子供のころね、
夏 たらいの水にスイカとかウリとか冷やしてプッカプッカしてたのをフッと思い出して……

遠い幼い日のことをなんかね……フッと思い出したりするの私も……


ふかわ
はい、プラマイゼロにならないですよ?ww


4位:老いの極意

老人とは何か、見事に老いるとはどういうことなのかに迫った作家の村松友視さんの著書「老人の極意」。

本では30人の老人との交流を紹介しています。
例えば大阪の銭湯で薬湯に鼻まで沈んでいたある老人。村松さんは何も語らないその老人の姿を見て、「老いたためにすごみを出せなくなっているけど、そのすごみを出せない悔しさが、別のすごみを導き出している」と感じたそう。
またある90歳の親戚のおばあさんは自分の誕生日の席で「私はおじいさんだっけ?おばあさんだっけ?」と語り、周囲を唖然とさせたそうです。
村松さんはいずれも「老いたことから会得できる人間の味わい。言わば人生の極意であり、学ぶことも多い」と語っています。


3位:密室2週間

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は昨日、宇宙を模した閉鎖環境で二週間暮らしてストレスを調べる研究に参加する一般男性8人を募集した結果、およそ4千4百人の応募があったことを明かしました。

この研究では、男性8人がつくば宇宙センターにある施設で外部との通信を遮断された状態の元、2月5日から二週間生活。
その間天井に設置された監視カメラで参加者の表情や言葉の変化を分析し、ストレスを客観的に評価する指標を開発する予定です。
参加者には総額38万円の協力費が支給されるそうです。


2位:1万円札に気をとられ

昨日愛知県みよし市のコンビニで、60歳の自称派遣社員の男が女性店員に包丁を突きつけ、金を出すように脅しました。

しかし別の店員が1万円札数枚を投げつけ、男がそれを拾おうとカウンターに包丁を置いたため、女性店員が包丁を取り上げ撃退。
逃げた男は取り押さえられ、駆けつけた警察に強盗未遂容疑で現行犯逮捕されました。


1位:祝・合体

1990年代に大ヒットしたテレビドラマ「Xファイル」が、ミニシリーズとして復活することとなり、そのプレミア試写会が12日ロサンゼルスで行われました。

Xファイルといえば超常現象をテーマにした名ストーリーとは別に、主人公のFBI特別捜査官スカリーとモルダーの微妙な恋愛関係がファンをヤキモキさせていました。
9年間のテレビシリーズでは結ばれることのなった二人ですが、今回のミニシリーズでは遂にベッドインするそうです。


多田ダダが選ぶ1位:密室2週間

JAXAが2週間で38万円という高額な報酬で募集していた求人で、監視カメラで見られる中閉鎖空間で2週間過ごすお仕事。

志麻子さんじゃないですけど、性欲の発散に関しては大問題だと思います。
男性のみの募集なので、よほどのことがない限り参加者に欲情することはないので性行為をみられる心配はないでしょうけど。

やはりお風呂かトイレで自慰行為をすることになるのでしょうか。
そこも監視カメラが有ったりしたら……。
場合によってはその映像が情報の漏洩で外部に漏れ、ネットに流れ、世界に拡散……
なんて可能性もないわけじゃないですよね。
これで世界中にオナニー映像を拡散されて38万円はちょっと割りに合わないです。

じゃあいくらならいいのか。つまり自分の自慰行為はいくらで売れるのかという問題になりますが、これはなかなか難しい。
莫大な価格であれば即答できますけど、現実的な価格となるとなかなか判断に苦しみます。

みなさんはいくらならOKでしょうか。
私は……5千万くらい?

Pocket

SNSでもご購読できます。