中瀬「志麻子は 巻き上げるとGカップある」

Pocket

8位:ゲス女医に語録

暴力団組長らによる診療報酬不正受給事件にからみ、詐欺の疑いで逮捕された医師でタレントの脇坂英理子容疑者37歳。

バラエティ番組では、ホストで一晩に900万円を使った、600人以上の男性と寝た、私ビッチなんですとぶっちゃけ、ゲスキャラでプチブレイクしていました。
記事によると脇坂容疑者は不正請求によって8000万円を得て、半分を仲介人に渡したと知人男性に告白。
しかしそのことを知人男性にとがめられると「私は悪くない」と逆ギレしたということです。

志麻子
乳、私、ナンみたいに垂れてるしねぇ

中瀬
志麻子はね、こうすごい巻き上げたときものすごいよ。

Gカップくらいあるよほんとに


ふかわ
いやいや、そういうことを聞いてるんじゃないんですけどww




内藤聡子
私実は、民放のとある番組で、
アラフォー独身女性密着みたいなバラエティ番組で、
彼女と同じくくりで、オファーが来たんですよw

ふかわ
同じチーム!?www

内藤聡子
はいw

なんですけど、彼女のエピソードを調べて、
いやぁこのレベルにはちょっといけないなぁっと思って。
お断りしたんですよ


ふかわ
そんな、謙遜しなくていーじゃないですか?ww


7位:ホームレス川柳

記事では興陽館から出版された「ホームレス川柳野良猫が俺より先に飼い猫に」を紹介しています。

ホームレス支援雑誌ビッグイシューの販売員が中心となり、6人のホームレスの137の川柳をイラスト付きで紹介。
「どの句からも生きる声が聞こえてくる。笑いの中にも哀切がある。本来の人間の姿が浮かび上がってくる」など、夕刊フジではホームレス川柳を絶賛しています。


6位:女性の半数がっかり

14日のホワイトデーを前に、阪神百貨店が行った意識調査によると、義理チョコのお返しに女性の45%ががっかりしたと答えたそうです。

具体的には、「かわいくないキャラクターのカップ、いつ使うの?」「下着をもらって正直引いた」など戸惑いの声も。
また事前に好みを調べて欲しいかという質問には、女性の85%が「はい」と答えています。

中瀬
わたくしあの、結構義理チョコをちゃんと渡す方なんです、まぁ仕事柄もね?

2月14日に会う作家さんの方とか、ちょっと持ってったりとか。
そういうことを会社でもちょっと、同僚にあげたりとかしてきたんですよね。

当然この番組でも、2月14日近辺だかその日だかに、
ふかわ君とかに会うと、ジョナサンにあげたりふかわ君にあげたりするわけ。
ジョナサンちゃんとね、お返しをくれたりして……
ふかわですよ!

ふかわが……もう私これはね、言わしてもらうよ?
呼びつけにさせてもらうけど。

あのね、ある時来たら、3月14日近辺に来たら、
ドーナッツが置いてあるわけですよ。
で、志麻子がムシャムシャ食ってるわけ。

で、確かに聡子がさ
“コレ、ふかわさんからホワイトデーのお返しです”って言うわけ。

で、コイツ(志麻子)あげてないわけよ?
あげてないやつと私が、まったく同じ扱い?
これはね!
やっぱこう……義理も人情もねーな





ふかわ
あげた人だけに返すっていうのもおかしいので、
皆さんこう平等にというフリースタイルでしょうかね?

そういうニュアンス……


内藤聡子
私、毎日ドーナッツですよ?

ぜーんぶドーナッツが置いてある


中瀬
しかもその曜日もぜーんぶほら。
区別があると……

ふかわ
おいおい人の悪口言うのやめよーぜ!


5位:普通に話せばいいのに…

2013年に東京三鷹市の女子高生を刺殺し、全裸画像をネット上に流出させた池永チャールズトーマス被告の差戻し審が昨日行われました。

実際はフリーターなのに立命館大生だと偽っていた池永被告は、インテリぶるくせが染み付いているのか、尋問のなかでもわざと難解で回りくどい言葉を多様。
リベンジポルノの動機を聞かれたときも、「彼女と交際していた事実について第三者からの反駁の余地を与えないためで、自分の存在証明なのです」と語るも、裁判長には「普通に話せばいいのに」とボヤかれる始末。
その一方で遺族宛の手紙には誤字脱字が多く、女性検事に「辞書を引かないんですか?」と呆れられていました。


4位:フルチン連れ回しの刑

アルゼンチンで先週、8歳の少女に乱暴しようとした男が全裸のまま目撃者に連れまわされる事件が起きました。

男は全裸になって少女を襲おうとしたとき、目撃者に取り押さえられ警察に引き渡されるまでロープで両手を縛られ、500メートル以上も通行人の多い行動を歩かされたそうです。
このフルチンつれまわしの刑で男の周囲には大勢の人が集まり、電子端末で録られた画像や動画が、すぐに世界中に配信されたということです。


追跡ベスト8:おかざきななさんが29歳年下彼氏を落とした方法

内藤聡子
29歳下だと、今12歳なんですよ、私の場合。

ちょっと夢は広がりますよね


3位:シベ超一挙OA

日本のサブカルファンが熱狂した1996年の映画「シベリア超特急」。
水野晴郎さんが監督、制作、原作、脚本、主演を手がけるこの改作シリーズがwowowで一挙オンエアーされるそうです。

監督が敬愛するアガサ・クリスティーにオマージュを捧げつつ、密室の特急列車内で起こる連続殺人をめぐって掟破りとも言うべきどんでん返しが連発するこの映画。
辻褄の合わないことや予算の都合で上手く表現できないことがそのまま映っており、公開当時「これは映画か、それともなんだ」という大論争が勃発しました。
しかし記事ではB級映画こそその国の文化の懐の深さを表しているかもしれない、と語っています。


2位:視聴者の声

脚本家三谷幸喜さんの連載「ありふれた生活」。
三谷さんは現在手がけているNHKの大河ドラマ「真田丸」に寄せられた否定的な意見が、好意的な意見の倍を超えたという記事を見て、ショックを受けたとつづっています。

しかし三谷さんはその後、「視聴者はドラマが面白かったときよりも、納得いかなかったときに意見したくなるのではないか。肯定より否定が多くなるのは当然ではないか」とポジティブシンキングに切り替えたそう。
実際その一週間後には記事を見たファンから番組への好意的な応援メッセージが多数寄せられたそうです。
とはいえ三谷さんは脚本家として世間の反響に左右されてぶれてしまうのが一番良くないとも語っています。


1位:クライマックス・コントロール・クリーム

連載「漂流本線日本海」では、砂浜に到着していた韓国産のコンドームを紹介しています。

このコンドーム、その名も「ロングラブ」
スマートな包装でゴムの先には「クライマックス・コントロール・クリーム」なるものが配合されているとのこと。このクリームは麻酔薬と同じ成分で、せっかちな韓国メンズの下半身を長持ちさせる効果があるということです。


多田ダダが選ぶ1位:女性の半数がっかり

女性の半数近くが、ホイトデーの贈り物に対しガッカリしたことがあり、女性の9割近くが事前に好みの下調べをしてほしいと思っているという記事。

記事にある女性のガッカリ感は、私とても理解できます。
以前も書きましたが、プレゼントは自己主張の押し付けでしかないので、貰う側は苦痛を伴うことがあります。

特に男性から女性へのプレゼント、しかも義理チョコへのお返しともなれば、「安い予算の中でセンスの良いもの」という無理難題をクリアしなければいけないわけですが、そんなものをクリアできる人は多くなく、結果残念なプレゼントとなってしまいます。

しかし「事前に下調べをしてほしい」という女性の思い。
これはイカンでしょ。
下調べをしてほしいと思うのがイカンのではなく、義理チョコのお返しに対してこれを求めるのはイカンという話です。

そもそも、バレンタインデーであなたが渡した義理チョコって、それ、相手の好みをリサーチしてませんよね?
バレンタインデーでチョコで義理チョコすら渡さないのは女子としてどうなんだろう?という他人の目線を意識した、自分の女としての価値を保つためだけのチョコレートですよね?

義理チョコを渡す相手が甘いものをキライかもしれないなんてことを想像はしていても、確認せず渡しましたよね?
私みたいなかわいい女の子からチョコをもらえるんだから、喜びはしても迷惑に思うことなんてないわと思って押し付けましたよね?

そんな身勝手な義理チョコのお返しに対して、「私の好みを調べておいてよ!」なんて要求、ちょっと虫が良すぎませんかね?
勝手に渡した義理チョコなのですから、お返しを貰えるだけでもありがたいと思わないといけませんよ。

ま、私は義理チョコでももらったらうれしいですけどね。

Pocket

SNSでもご購読できます。