中瀬「ものすごいヤリマンが”オール5よ”みたいな」

Pocket

お題:あなたは最近叱られましたか?

志麻子
実は今おうちにね、ジョンウォン君がいるんですよ。

浮気騒動があった後にね、「離婚じゃ」って言ったら、
ビャーってソウルの向こうに逃げちゃって。

向こうで警察にまでお世話になったんですけど。
ちゃっかりなかったことにして帰ってきてるんですよ。

で、あたし、叱ったんですよ。
そしたらね、

“なぜ、そんな、いつまでも、むかしのことを、うずうずいうかー”
みたいなこと言うんですよ。そのくせ、

“しまこも、うわき、したよねー”
とか、私のことを責めるんですよ。

んで、私から謝罪と賠償をぶんどって、
今原宿に遊びに行ってるんですよ。

もうね、泣く子と韓国人には勝てんということで……www


ふかわ
すいません……
叱られた話で発注したんですけど……w


8位:ゴスロリ雛

今日3月3日は桃の節句。
記事では岐阜市の人形店が販売する独特な風貌の雛人形を紹介しています。

黒い衣装のゴシックロリータやテディベアなど、個性豊かな創作雛人形を作ったのはアナウンサーの経歴を持つ節句人形工芸師後藤由香子さん46歳。
「伝統は今の人が楽しんでこそ次に繋がる」という思い出作り始めたものの、当初は職人から「これは伝統工芸とは違う」などと指摘されたそうです。

内藤聡子
小さいころは飾ってましたが、私の地元山梨は、
4月4日がひな祭りなんですよ

ふかわ
え!?
アレ、全国一緒じゃないんですか……

中瀬
4月4日は私たちの間ではオカマの日ってww

内藤聡子
4月3日かもしれないですけど、1カ月遅れなんですよね。
農業の関係とかあるんだと思うんですけど……

よくひな人形をしまい忘れると行き遅れるとか言いますよね?
それもあるのかなーと


ふかわ
人のせいにしない!


7位:スネ夫補佐官

今日発売の週刊文春が安部総理の手足ともいうべき総理補佐官河井克行氏52歳のパワハラ疑惑を報じました。

告発した元秘書兼運転手は河井氏から、ハンドルを握る左腕を革靴のまま蹴りつけられ、全治14日間の大怪我を負ったとか。
さらに少なくとも100人の秘書が河井氏の傍若無人ぶりに事務所を辞めたと訴えています。
そんな河井氏の小学生時代のあだ名は「スネ夫」
後輩の証言によると河井氏の実家は薬局を経営する裕福な家庭で、ことあるごとに「僕と君等は育ちが違う」などといって周りから嫌われていたということです。


6位:おつり計算は数学

国の就学支援金を不正に受給していた疑いで家宅捜索を受けていた三重県のウィッツ青山学園高校の授業内容について文部科学省が、極めて悪質レベルと指摘しました。

例えば大阪のユニバーサルスタジオジャパンに行き、買い物のおつり計算をすれば数学の授業に認定。
同じくUSJでの散策は美術と総合学習。忍者博物館を訪れたら社会と体育。
移動中のバスで映画を鑑賞したら国語と英語。神戸の夜景を2時間鑑賞すれば芸術の授業に認定していたということです。

中瀬
とんでもないですよね。

これ言ったら、例えばセックスしたら保健体育とか、そういう感じでしょ?
そしたらものすごいヤリマンが、「オール5よ」みたいな、
そういうことあり得るわけじゃないですかww





ふかわ
志麻子さん、
例えばこの5時に夢中鑑賞は、教科で言うと何になるんでしょうかね?

志麻子
これ……宗教とか哲学とか

ふかわ
しゅwwww
該当するんでしょうかwww


5位:人生変えた出会い

シンガーソングライターみなみらんぼうさんは、長い人生の中この人に会わなかったら私の人生が変わっていた人物として、登山家の岩崎元郎をあげています。

岩崎さんとの出会いはおよそ20年前のNHK教育テレビの新番組「中高年のための登山学」。
岩崎さんが講師を務めるこの番組の聞き手に岩崎さんが抜擢され、以来70歳を越える今でも山にのめりこんでいるそうです。


4位:筋肉バカドットコム

体を鍛えることに情熱を燃やす人たちのサイト「筋肉バカドットコム」
前頭筋、三角筋、大胸筋と歌う「筋肉の歌」を公開したり、アイドルのマラソン体験記を記事にするこのサイト。

開設した元高校球児の遠藤大二郎さん32歳は、「体を動かすことで交流が生まれる場を作りたい」と話しており、健康に関する情報を発信するほか、筋力強化やランニングの指導をしてくれるプロのトレーナーと利用者を結ぶサービスを展開しているということです。

中瀬
うちの筋肉バカは、何か思想があってやってるんですか?

ジョナサン
いや、やっぱ目指すものは筋肉……

中瀬
バカだねーwww

ふかわ
でもやはりあのー、
天気のコーナーもやるようになって、より鍛えるようになりましたか?

ジョナサン
あ、まぁーストイックさが増しましたねー

ふかわ
ストイックさ?
ストイックってどういうことですか?

ジョナサン
ちょっとわからないですw




ふかわ
内藤さんどうですか?
筋肉バカ系の男子は

内藤聡子
筋肉があって……
知性もちょっとあってほしいですね

ふかわ
だからそういうことじゃないです!ww

それは筋肉バカじゃないですからね!w


3位:ヤメ暴再就職

4月から始まる元ヤクザを雇ったら助成金を支給するという福岡県の制度が話題になっています。

制度の名称は「暴力団離脱者社会復帰対策費」で、暴力団を離脱した人を雇用した企業に最初の6ヶ月は月額8万円を。
その後は3ヶ月ごとに12万円を支給し、年間72万円を助成。もし入社した人が会社に迷惑をかけた場合、最大200万円を見舞金として支払います。
福岡県では暴力団を離脱したいと申し出る構成員が今年度は127人に及んでおり、この制度には暴力団の人的基盤を弱体化させる狙いもあるそうです。


2位:出版界仁義なき戦い

池袋の本屋として有名だった「芳林堂」が先月末東京地裁に自己破産を申請し倒産しました。

倒産の引き金を引いたのは書籍取次の「太洋社」。
芳林堂は太洋社から本と雑誌を仕入れていましたが、太洋社は2月に自首廃業を決めており、その影響を受けて連鎖倒産したとみられています。
出版関係者は、今回の倒産の背景には出版不況による取次の競争激化があると分析。
本が売れないので取次はライバルが抱えている有望な書店の引抜を行っており、今回太洋社は抱えていた書店を他の取次に取られ倒産したとみられています。


1位:ミイラを愛した男

官能小説化館淳一さんの「日めくりエッセーいろ艶筆」では、アメリカの国立スミソニアン博物館で44歳の夜間警備員が保管されていた古代エジプトの女性のミイラと性行為をしたという信じられない事件を紹介しています。

2500年前の女性との性行為は監視カメラにはっきりと映っており、男性は公然わいせつや文化財破壊の罪に問われ逮捕されました。
館さんはこの事件について、「この犯人は毎日このミイラ女性を見ているうちに彼女が生きているという幻想を抱いたんじゃないかと思う。そして彼女に恋心を抱き性行為に至ってしまった純愛ではないか」と分析しています。


ことわざアップデート

【糠に釘】

中瀬
「ガバガバにソチン」

視聴者
「ハゲにクシ」

【虎穴に入らずんば虎児を得ず】

中瀬
「コケシを入らずんば快楽を得ず」

視聴者
「清原パクラれずんば野村出ず」


フィジカル天気予報

観覧者
イエスキカワダ

多田ダダが選ぶ1位:ヤメ暴再就職

元ヤクザを企業が雇用すると、助成金が毎月貰えるという記事。

これはどうなんですかね。
妙な抜け穴で暴力団に資金が渡らないようにするのは当然なのですが、そもそも一般の企業側は元ヤクザの方を雇いたいと思うでしょうか?
年間72万円の助成金となっていますが、72万円と元ヤクザを雇うのを天秤にかけた時……雇うという選択になりますでしょうか?

もし会社が助成金欲しさに雇っても、既にいる従業員は誰一人として良い思いはしませんし、場合によってはそれが理由で会社を辞めてしまう人だって出てくるかもしれません。
一般人を雇う場合とはリスクが違いすぎますので、そのデメリットが年間72万円で埋められるものなのか疑問です。

それに想像ですけど、ヤクザを辞めた人は、就職する際に会社側に自身が元ヤクザだということを知られたくはないのではないでしょうか。
きちんと足を洗った人でも、元ヤクザだということで否が応にも色眼鏡で見られてしまいます。
そうなっては会社に居づらくなることは必死。
結局自主退社や解雇になってしまうのがよくあるパターンだと思います。

この助成金制度は、こういったことを考えると、元ヤクザばかりが集まる会社でないとなかなか難しいような気がいたします。
でも元ヤクザばかりが集まってしまい、助成金もバンバン会社に入ってしまうと……あまり良い方向にはいかなそうですね。

やはり元ヤクザの方は、沖縄で養護施設を運営するのが良いのではないでしょうか。

Pocket

SNSでもご購読できます。