ミエ「ビートルズも解散しましたぁー」

Pocket

8位:必ず見る番組

お笑い芸人博多大吉さんの連載コラム。
今回は、大吉さんが普段必ず見ているテレビ番組ランキングを発表しています。

3位にランクインしたのは、日本全国の自然や食の魅力などを伝えるNHKの「もういちど、日本」。
平日に毎日放送されている5分のミニ番組なので、1週間分撮りだめして晩酌をしながら見たくなるということです。

ふかわ
一太郎さんはね、お父様が円楽師匠。

楽太郎師匠から円楽師匠なったわけですけど、
どうでしょうかお気持ちとしては?


会一太郎
あまり変わらないですよ、やっぱ父は父なんで。

ただ落語に対する姿勢……
って僕が言っていいのかわかんないですけど、結構変わって。

円楽の落語を作ろうとしてる感じは、端々には感じられますけどね


ミエ
でもやっぱあれ、“ああいうの”皆さんから許されるっていうのは、
やっぱ人柄なんですかねぇ?

会一太郎
“ああいうの”って“ああいうの”ですか?w

まぁ人柄もあるし、後はもう……
うちの家庭が全然ノータッチで“別に”ってなってるんで。
結局うちら側で“いい”ってなってることを外野が何言おうが野暮じゃないですか


ミエ
それでもうるさいじゃない、最近ね

会一太郎
うるさいっすね。
だからいいんですよ、野暮だから放っておけばww

ふかわ
うーん、まぁあと、錦糸町ってのもデカイと思いますけどねww
何だかんだで


7位:結婚したら“怖い妻”に?

7月に俳優和田正人さんとの交際を宣言したグラビアアイドルの吉木りささん。
昨日行われたカレンダーの発売記念イベントでは、報道陣から「もし結婚したら怖い妻になる?」と聞かれ、怖いイメージがあるかもしれないけど、プライベートは穏やかな人間だと答えました。

かつて放送されていた、様々な男性に激怒し罵倒するという自身の冠番組は大反響を呼んだ吉木さん。
そのせいで、当時プライベートでも道端であった一般男性から「怒ってください!」とお願いされることもあったということです。

会一太郎
僕そもそも本当はテレビ出る立場じゃないので、
声優っていう。

なのでバラエティーとか良く出てるんですけども……
なるべくお高い感じにならないようにというのが……
なるべく庶民派庶民派とは思ってます。

あとアングラ派アングラ派とかいう風に思ってますね。
僕らの生きるステージ、キラキラしたとこじゃないので、本当は


ミエ
さすがにいい声してますね

会一太郎
いやいや、いい声では勝ち抜いていけないのでw

ミッツ
庶民派庶民派って言えば言うほど鼻につく感じ?
これがねぇ、彼の魅力だと思うですよ

会一太郎
嘘くさい?w

ミッツ
嘘くさいですよ。
嘘くさいし腹黒いし。
やっぱりDNAですね

会一太郎
嘘はつかないようにしてるんですけどねぇ……
あぁだからか

ミッツ
wwww

この自己完結するような感じとかねw





ふかわ
声優さんも落語家さんも、声大事じゃないですか。
ずーっと今後両方やっていくんでしょうか?

会一太郎
そうですね。
辞める必要ないので

ふかわ
笑点の座布団の上とか

会一太郎
笑点は出たくないっす、絶対!

声優のために落語始めたって師匠に言ってあるので、笑点出ちゃうと多分……
逆になっちゃうと思うんですよ。

だから僕はあくまで絶対声優をぶれさせないっていう意味では、
笑点には出ない、
出たくないっていう。

色んな咄家が、
“どうせ出るんだろ?二世なんだろ?襲名するんだろ?”
みたいに言うんですけど、こっちからお断りですよ、んなもん


ふかわ
おぉー、そうなんですね

会一太郎
……言っちゃった!w
どうしよう!来たらとうしよう!

ふかわ
じゃぁお話来ても断るという?

会一太郎
そん時はそん時にw

ミッツ
BSの若手笑点出てましたよ

会一太郎
それはギリギリw


6位:本当は怖い温泉入浴

北海道足寄町の温泉旅館で一昨年、入浴中の男性が意識不明の重体になる事故が起きていました。
この問題について温泉評論家の大原利雄さんは、「温泉入浴は常に危険と隣り合わせ。特に卵が腐ったような臭いがする硫化水素ガスを含む温泉は危ない」と指摘。

ちなみに厚生労働省によると、入浴中の死因で多いのは、いわゆるヒートショック。
服を脱いで勢いよく熱い湯船に飛び込むと、血圧が急上昇し、その結果脳出血や心臓麻痺になり、死亡する事故が後を絶たないということです。

ミエ
お風呂に入ってって事は、
“あー気持ちいいー”
と思ってそのまま逝っちゃうわけじゃない?
こーんな終わり方って最高だと思う

ミッツ
確かに一理あるかもしれないですね。

もしかしたら苦しかったり痛かったりはするのかもしれないですけど


ミエ
いーや、しないと思うよ

ミッツ
病院でね……
‟うーっ”てするよりはいいっていう見方もできるかも

ミエ
その前にお酒なんか飲んで、“あぁーいい気持ちー”って。

帰ってお風呂入って
“あーなんて気持ちいいんだろー”
ってそのまま人生終わるんだったら、こんな最高なのはないなと


ミッツ
現実問題ね……
消防隊員をやっている知り合いから聞いたんですけどね。

それですぐに発見されればいいんですけど、
しばらく経っちゃうと、結構大変なんです。

ふやけちゃったりとか


ふかわ
そうですね。

残された方も悲しいですし、
おひとりの方もね、気を付けなきゃいけないですね


ミエ
一人暮らしは気を付けたほうがいいと思うんですけどね

ミッツ
ほんと気を付けないといけないなーと思ってますね。

……だからパンツ履いて入ろうかなーとかいろいろ考えてますよ


5位:アニメ映画 好調

興行収入164億円を超えた「君の名は。」に引っ張られるかのように今年のアニメ映画は絶好調のようです。

「ズートピア」「ファインディング・ドリー」のディズニー勢が興行収入60億円をクリアしたのは当然としても、「聲の形」「GANTZ:O」などの方がアニメも奮闘。さらに今月12日から公開される戦時中の広島を舞台にした「この世界の片隅に」も大ヒットが期待されているということです。

会一太郎
口コミってやっぱデカイなと思って。

全部こういう作品ってドンって流行ってスッて終わるんじゃなくて、
ずーっと売れ続けてるじゃないですか。
特に“君の名は。”なんて。

それてやっぱどこに行っても聞く、ちょこちょこ名前を見るっていう、
長く伸びてくる作品っていうのが大事なんだなって思いますね


ふかわ
今もう、世界へ向けたコンテンツですからねぇ

会一太郎
ネットも流行ってるんで、
ツイッターとかフェイスブックとかで名前見る、タイトル見るってのも大事なのかなーって


4位:日教組委員長 辞任

日本教職員組合、通称日教組の岡本泰良委員長が辞任する見通しとなりました。

週刊誌にホステスとのW不倫と、経費流用疑惑が報じられたことを受けての引責辞任となる模様。
スキャンダルを報じた週刊新潮の記事によると、岡本氏は先月3日、40代前半とみられるホステスの女性と池袋のホルモン専門店で食事後、そろってラブホテルへ。
その後タクシーで帰宅したそうですが、その支払いを日教組名義のチケットで処理したということです。

ミッツ
実際、
週刊誌が出たとき、家庭内はどんな感じだったんですか?

会一太郎
笑ってましたね。
“フフッww”って。
“ヤッたってよwww”つって笑ってましたw

ミッツ
お母さまも?

会一太郎
うち、母のことをしゃべらないんです。

一般人を巻き込まないっていうルールがあって、
母、一般人なので、母の話を基本的に表でしないっていう


ミッツ
なるほど。
徹底してるんですね

ミエ
お父さんは何て言うの?

会一太郎
まぁばつが悪そうにしてましたけどね。

メールのやり取りは、母を介してなぜかやるっていうことをしてましたけど、父としばらく。
“居づらそうww”って思ってましたけど。

僕は僕で事務所所属してるんで、
そっちの事務所に迷惑が掛からないように立ち回りをしましたけどね


ミエ
だからさ、いいけどさ。
やるんだったら自分のお金でやんなさいよ、ね?

会一太郎
そこですよ、この話は


DVDさわりだけバトル

ヤベエDVD


3位:隠していた「オタク」

毎日新聞のコラムでは、「オタク」を自称する22歳男性のエピソードが掲載されています。

彼の本棚には大量の漫画やフィギュアが並び、人生の半分以上をアニメに捧げてきたそうですが、周囲からオタクっぽいと思われることを恐れ、その趣味を徐々に隠すようになったそう。
しかし大学に入学してからは、同じ趣味を持った人たちが多数いることに気づき、ホッとした胸中を明かしています。

ふかわ
一太郎さんはご自身の中でオタク要素というと……

会一太郎
ま、オタクから入ってるんで僕、声優にやっぱり

ミッツ
この喋るスピードというか、
早口な感じがもうまさにオタクって感じですよね

会一太郎
そこだけ治したいと思ってるんですど……

ミッツ
あと専門用語になると、“ブブブブ”ってこう、立て板に水のように。
今もジャンとゲームの話してましたけど

ふかわ
確かに……
ちょっとスピーディーなのは、なぜ皆さんそうなっちゃうんでしょうか

会一太郎
単純に短気なのと人の話聞いてらんないからじゃないですかね?
うちの師匠もそうなんで

ミッツ
自己完結しちゃえば大丈夫なんだ?

会一太郎
オタクありがちなヤツですよ。
もー言いたいこと言いたいだけっていう




ミエ
何かさっきから誰かに似てると思ったら……海老蔵さんに似てる。
ねぇ?

会一太郎
よく言われるんですよー。

しかも“あの頃に”よく言われました


ミッツ
あの頃www


2位:NHKのラブコール

昨日NHKのニュース番組「ニュースウオッチ9」で、解散をひかえるSMAPの大特集が組まれました。

NHKが曲をあげてSMAPを推す理由は、是が非でも紅白歌合戦に出場してもらいたいという意志の表れ。
既に籾井会長も会見でラブコールを送っており、必要があれば直接交渉も辞さない構えだと記事は伝えています。

会一太郎
確かに特番の方がいいかもって、紅白でやるより。
結局今年限りで解散って話ですよね?

そしたらやっぱり紅白が最後になるっていうことが欲しいわけですよね、
多分NHKは分かりやすく言うと


ミエ
NHKはね。

この間からチョロチョロ流れてるけどさ、
デビューしたころの6人の頃からずーっと流せばいいじゃない?
面白いじゃない?


ミッツ
過去のブイを流すだけ?

そーんなん……やっぱ生の5人が見たいですよ


ミエ
だから今まで、生も出て

ふかわ
ミッツさん、どう思いますか?

ミッツ
もー……ファンじゃない人とはね、
話してても話になんないんですよホントに。

あと2か月ですからね?
もーいよいよほんとこれで……昨日ですか?
ベスト盤の収録曲も決まって、
“あ、いよいよこれ本当なんだな”
って。

先ほどふかわさんもちょっとお話したんだけど、
SMAPの解散って実際に本当に決定事項なのかどうかっていうのが、
若干この世の中の流れの中でわからなくなっちゃってるところもあるじゃないですか


ミエ
何度も言うようですけどね、
ビートルズも解散しましたぁー

ミッツ
だったらねぇ……

ほんとに3人娘もいつになったら……
いつになったら!ほんとに!


1位:図書館で奇怪行動

夕刊フジの連載コラム「爆笑!企画AV」では今回、「世界一変態で恥ずかしい挑戦」というタイトルのかなり変わった作品を紹介しています。

それは図書館に女の子たちが全裸で集まり、突然隠語を叫んだり、乳首相撲を始めたりするという奇怪な行動をコンセプトにした作品。
コラムの著者はエロさよりも面白さを感じてしまい、あまり興奮しなかったという感想をつづっています。

会一太郎
サンプル見たんですよ。
見たら……狂気でしたね。
奇怪ではなく狂気でしたね。

ただこれ、良く調べると第2弾がもう出てるんですよ。
ってことはニーズはある。

やっぱ極端にとんがったやつは、そこに対してニーズがあるんだから、
まぁいいんじゃないですか?
そういう人たちが楽しめばっていう


ミッツ
男性も興奮するんですか?こういうのは

会一太郎
僕は興奮しなかった

ふかわ
一太郎さんのストライクゾーンはどこら辺なんですか?

会一太郎
一人かわいい子いましたけどね。
こん中にもね

ふかわ
そういう見つけるのも、いいのかもしれないですね

会一太郎
眼鏡のポニーテールの子、かわいいなぐらいはありましたけど

ミッツ
眼鏡のポニーテル!?
またすごいとこいくわねw

会一太郎
イモっぽいこ好きですね

ふかわ
はい、ありがとうございました。
以上夕刊ベスト8でした


多田ダダが選ぶ1位:日教組委員長 辞任

記事ではスキャンダルによって日教組岡本委員長が辞任する見通しになったことを紹介。

今日初めてしりました。
岡本氏が辞任するとかそういうことではなく、日教組の正式名称が日本教職員組合だったということを。

恥ずかしながら、日教組という文字配列からして、創価学会のような宗教団体なんだろうと勝手に想像していましたが、まさか日本教職員組合だったとは……
先生たちの労働組合ってことなんですよね。組員はもちろん教職員がほとんどということになると思います。

私たちが暮らすこの日本。現在の日本には小学校そして中学校の計9年間を義務教育とし、日本国で暮らすために必須と考えられている文字や計算、歴史や科学などをほぼ100%の児童に教えています。

そこには知識や考察能力の育成だけでなく、道徳を教え、日本国で暮らすためには習得しておかなければならない常識や、考え方、人への接し方などを、まだ年端もいかない幼子の精神に刷り込みをしていきます。

この教育のお陰で日本に暮らすほとんどの方は、ある程度の常識が平均的に備わり、日本国で暮らすのに不自由しない程度の最低基準を満たすことができています。

教育とはつまり、その国が「国民にはこういう常識を共有させたい」ということを幼少のころから長期間かけて刷り込むということにあると思います。
もちろんその根本には、全国民が平和かつ発展的に暮らせるようにするという前提があるため、この教育のお陰でほとんどの日本人は、字の読み書き、基本的な加減乗除などといったポテンシャルが身に付き、それがお金を稼ぎ生きていくために役立っています。

そんな教育の内容は、全教職員が同じものを元にしていかなくてはなりません。「常識の共有」をするためには、教える先生によって内容がバラバラになんてことになってはなりません。
なので全教職員は一種の「教育聖書」みたいなものを基盤として幼子達に教育を刷り込んでいます。

教職員が幼子に教える内容というのは、すべてその聖書に書いてある内容になぞらえ、人によっては自分なりに解釈したりするかもしれませんが、基本的には聖書に書いてあることを幼子に分かりやすく伝えていくという作業、これが教育です。

そうです。
つまりこれは、修道女が神の教えを子供たちに毎日説教することとなんら変わりがなく、というとは教育とは一種の宗教だと言えます。国が推し進める宗教、それが義務教育。
なので、幼子に教育をする職員たちとはつまり修道者。修道者が集まる団体とは結局宗教団体になり、まとめると日本教職員組合とはつまり宗教団体だった!ということになります。

だから私は何も間違えてはいなかった!

考えてみれば、今はほとんど言われませんが、昔は教師のことを聖職者なんていう言い方だったり、認識があった時代がありました。
やはり昔から教育と宗教は同じ土俵だったのかもしれませんね。

Pocket

SNSでもご購読できます。