マツコ「遅漏は……文明を感じる」

Pocket

上田
いやぁもうちょっとほんとに、
先週の月曜日、色んな体験をいきなりさせて頂いたので、
ちょっと強くなったような気がします

ふかわ
強くなった?w
どこら辺が強くなりました?

上田
ハートですか?

ふかわ
ハートがw

でもそもそも強かったんですよね?比較的。
いわゆる女子アナの中では、メンタル強い方だったんですよね?


マツコ
いや~……
相当最初は弱ってたみたいよ。
……夏目から聞いた


8位:賢者タイム

男性が夜の営みで果てた後、頭の中から煩悩がすっかり消え、悟りの境地に達したかのようになる。

ネットスラングで「賢者タイム」「聖人タイム」など呼ばれているこの状態は、射精と同時に性欲を抑制するホルモンプロラクチンが分泌されることで起こり、男性が性行為の後に女性から離れることで捕食者から身を守るなどの狙いがあるそうです。
この賢者タイム、実は女性にも訪れるとか。女性の場合は絶頂に達したあと、取り入れた精子を輸卵管へと導くため、プロラクチンが分泌されじっとしていたくなるということです。

若林
賢者タイムがない人っていうのも知ってるわけですよ。
たまにいるんですよ、賢者タイムがない男って。

終わった後も、いっつもイチャイチャしてたい男。
大概これはね、女々しい男が多いんですよ。

なので、早漏と賢者タイムは


マツコ
だって本来だったら、あんなダラダラとセックスしてたらダメなわけじゃん?

で、やっぱね……思う。
過去を顧みると、早漏気味の奴の方が、絶倫だし、
普段から精気がみなぎってる


ふかわ
マツコさん、すいませんその……

早漏と絶倫っていうのは共存可能なんですか?


マツコ
いやだって……
早漏の人の方が何発もイク人多いよ?

若林
一発の液しか出せない方が、よっぽど生命力的には弱いじゃないですか

ふかわ
ちょっと、上田さんも入って!

上田
いやいやいやwww

ふかわ
長いうえの果てるのは、絶倫じゃないんですか?

マツコ
あのね、遅漏のヤツって何かね……小難しいこう……

どっちかっていうと、野生の本能で生きるっていうよりは、なんかちょっと……


若林
自分の快楽で生きてそう

マツコ
何かねぇ……文明を感じる

ふかわ
すはwwwww
文明ですか!?w

若林
生きるため、子孫を残すためのセックスっていうよりは、
遊びだったり楽しみだったりとかっていう方に、なんか行ってる気がする

マツコ
ゴメーン!早漏でゴメーン!
っていうやつの方が、かわいげがあるよね

若林
だからさ、病気で遅漏の人はしょうがないんですけど。

わざわざ一回抜いて、一回抑えてからまた入れる人っているじゃないですか。
だから遅漏を装うやつ


ふかわ
はい……

あなた何トレーダーなんですか?www


7位:東京の穴場

東京都交通局と旅行サイトの「トリップアドバイザー」が共同で、「トウキョウ・ワンハンドレッド」と銘打って、東京の穴場スポットや隠れた名店を口コミで掘り起こすキャンペーンを開始するそう。

来年3月まで都内在住の人などから投稿を募り、口コミの数や、投稿者による採点評価などを元に順位付け、上位100箇所を決定するということです。


6位:大きすぎた代償

矢口真里さんが危機管理の権威として登場し、二兎を追うものは一兎も得ずなどと講義していたカップメンのCMが、放送から10日足らずで打ち切りとなりました。

打ち切りの理由について販売元の広報部は「不倫ネタなどが不快だという意見があった。不快な思いをしたかたがいる以上、CM全体を見直して中止を決めた」と説明しています。
この件について矢口さん本人はテレビ番組で、問題を起こすとなかなか這い上がれないとコメント。
やはり世間は不倫に厳しい、代償は想像以上に大きいと夕刊フジは伝えています。


5位:知らなきゃ雑談できない!

雑談力に大きく関わる流行語や話題の人物のチェックはサラリーマンの基本中の基本。
記事では最新の流行語や人物をクイズ形式で紹介する、情報敏感度テストを掲載しています。

例えば「銀座ルール」。これは銀座らしさを守るため、建て替えの際、建物の高さを66メートル以内に制限する高さ規制のこと。
先月、銀座数寄屋橋の阪急デパート跡地に東急プラザがオープンする際、話題になったということです。


4位:社長は映画を見る

出世する人の特徴も時代とともに変わってくるのかもしれません。

記事によると、これまで社長の趣味といえば、接待の意味も含めてゴルフが主流でしたが、最近は変化の兆し。
ゴルフが趣味という社長はこの10年で全体のおよそ34%から、28%へと減少。
変わりに映画鑑賞、旅行、食べ歩きといった一人でもできるものを趣味に挙げる社長が増えているそうです。

いったいなぜなのか。

人事ジャーナリストの溝上氏は、「今の企業経営は昔のようにグループ同士の互助会的にやっていてもうまくいく時代でない。かわりに社長には一人で考える時間が必要になってきている」と分析しています。


3位:アマゾンの中傷書評

通販大手アマゾンジャパンのサイトに投稿された書評によって、社会的評価が低下したとして、本の著者側がアマゾンに対して、投稿者情報の開示を求めた訴訟に対して東京地裁が判決。投稿者の氏名や住所、メールアドレスの開示を命じることがわかったということです。

今回東京地裁は、投稿された書評が真実ではないと認定してこの判決に至ったということで、アマゾン側はすでにこの投稿を削除。
今後は開示された投稿者情報に基づき、対応を検討するということです。


2位:桃田 五輪見送り

日本バトミントン協会は昨日、違法カジノ店で賭博行為をしていた日本男子のエース桃田賢斗選手21歳に対し、日本代表強化指定の解除と、無期限の競技会出場停止処分を科しました。

この処分により、メダル獲得の期待が大きかった桃田選手のリオデジャネイロオリンピックへの出場はなくなりました。
また、賭博行為の常習性が高く、桃田選手らを賭博に誘った田児賢一選手26歳は、無期限の協会登録抹消となっています。


1位:35周年

今年は日本にAVが誕生して35周年という節目の年にあたるそうです。

これを受けて東京スポーツでは、AV業界を引っ張って来た老舗メーカーにスポットを当てる特別企画をスタート。
第1弾の今回は愛染恭子さん主演作品をレーベル第1作として発表し、大ヒットを記録したアテナ映像を紹介しています。

ふかわ
裏ビデオとかそういうのが出回る……

マツコ
いや、だから洗濯屋ケンちゃんとかね。

もうだから、周ってきた時はノイズだらけでね……
これほとんどモザイク掛かってるのと一緒じゃねーか


多田ダダが選ぶ1位:アマゾンの中傷書評

記事ではアマゾンに書かれたレビューによって、その本の社会的価値が落ちたとして、投稿者の個人情報を開示するよう求めた裁判で、地裁が訴えを認めたという騒動を紹介。

今回は書評の話でしたが、本以外のレビューでも結構無茶苦茶な内容が目立ちますよね。
星1の評価をしていて、その内容を見ると「配達日予定日に届かなかった」とか、「思っていた色と違った」とか、「同じものを買ってしまった」とか。

商品のレビューではなく、それ以外の部分で評価を付けていたり、自分のミスなのに低評価していたり、ホントどうしようもないものもあります。

逆に星5と最高ランクの評価をしているものでも、「まだ届いていないけど楽しみ」とかもあったりして、まるで参考にならないレビューが多いこと多いこと。
これはアマゾンに限ったことではなく、楽天などでも同じ現象を度々見かけます。

私のサイトでは、ちゃーんとレビューをしてますので、同じものを買う場合は参考にしてください。

Pocket

SNSでもご購読できます。