マツコ「高望みして夢破れる人ってのはホント愚かよ」

Pocket

若林
明けましておめでとーございまーす

ふかわ
おめでとうございますー

内藤聡子
明けましておめでとうございます

マツコ
大丈夫……?
提供が3社になっちゃってたんですけど


お題:今年さっとくつまずいたことがありますか?

マツコ
ちょっとノロで……謝らなきゃいけないことがあるんだけどね、皆さんに……
うちのマネージャーがね 年末ノロなっててね。

でね、ここのトイレでいっぱいしてたらしいの


8位:胃を救う7つの食材

年末年始の暴飲暴食で弱った胃腸に悩んでいる人を救うため、日本消化器病学会専門医の江田証氏が、現代版七草粥の食材を紹介しています。

まずはイカ、タコ、マグロなどのタウリンが多く含まれた食材。これはアルコールによる胃粘膜の障害を抑える作用があるとか。さらに疲労回復が期待できる鶏の胸肉、胃炎を軽減してくれるキャベツ、その他ブロッコリー、オクラ、ワカメ、青魚などを使った回復メニューがおすすめだと言うこと。


7位:青山学院黄金時代

第92回箱根駅伝で2年連続2度目の総合優勝を飾った青山学院大学。
その圧倒的な強さの背景には、環境の移転があるそうです。

というのも青山学院は、2013年4月に文系学部のほとんどが神奈川県相模原市から東京のど真ん中青山へとキャンパスを移動。
これにより選手達は町田の寮住まいであることに変わりはないものの、青山まで通学することになったとのこと。
選手の中には都会の生活に憧れて入学する選手も少なくないため、有望な人材をスカウトしやすくなったとのこと。


6位:大幅反落スタート

今年最初の取引となる大発会を迎えた東京株式市場では、昨年末のアメリカ株が下落したことを受け、売りが先行。日経平均株価は一時去年の終値と比べて500円超値下がりし、18500円台まで下落しました。

さらに今年はアメリカの追加利上げが予想されており、市場では円安ドル高の傾向が続き、輸出企業を中心に業績は堅調。景気回復色は強まり、株価は上昇するとの見方が多い中、一方では利上げペースや原油価格の動向次第で
世界経済が混乱し、株価下落につながるリスクがあるといった声もあがっているようです。


5位:何気ない幸せ

野々村直道さんの人気コラム単刀直入。
今回は何気ない暮らしの中に見つける幸せをテーマに綴られています。

それによると昨年末の天皇誕生日に語られた陛下のお言葉が心に染み、また国民に対しての温かいまなざしに感動したそう。
さらに幕末の歌人で国学者の橘曙覧(たちばなあけみ)の歌集で読まれている歌には魅力的な歌が多いそうで、幸せとは周りから与えられるものではなく、自らの心の中に作り上げていくものだというものだということを教えられる。全てを楽しみへと変えてしまう心の使い方は人生の処方箋と言える、と語っています。


4位:50台以降向けの趣味

様々なショールームを紹介しているコラム「魅惑のショールーム探訪」。
今回は神田駅すぐ近くの「JR東日本 大人の休日サロン」を紹介しています。

こちらはシニア向けの旅と暮らしを応援する会員組織「大人の休日倶楽部」が設置したスペース。ここでは絵画や絵手紙、歌謡曲、大人のバレンタイン用口座といったものまで、50代以上向けの様々な趣味の会を運営していると言うことで、この場で知り合った同世代同士が和む風景もみられるということです。


3位:全国民に毎月11万円支給

北欧フィンランドが導入を検討している最低生活保障(ベーシックインカム)は成功するのか、今世界中の注目を集めていると記事は伝えています。

ベーシックインカムとは複雑化した社会保障制度を廃止するかわりに、全戸民540万人に毎月800ユーロ、およそ11万円を無条件に支給するというもの。
フィンランドでは、早ければ2017年から2年間、試験的にこのベーシックインカムを導入するということで、既に国民の7割がこれを支持しているということです。


2位:不安ある?

警備サービス業国内大手セコムが男女500人を対象に、「最近何か不安を感じていますか」と、アンケートをとったところ、実に75%。日本人の4人に3が不安を感じながら生活を送っているということがわかったということです。

では一体、具体的にどんなものに不安をかんじているのか。
今急激に増えている答えとしてテロがあるそうで、全体の36%の人が不安に感じているとのこと。
また、今後の治安の悪化や犯罪増加を懸念している人は、85%近くにも昇る
といことです。

若林
不安が分かってる人は、私はとても幸せだと思うんですよね。

不安という個体が何かって、
自分の中の何かってことが分かってればいいですけど……

漠然と不安で、どーしよーもない不安ですよ


ふかわ
気づいてないですか?ww

若林
気づいてないんですよww

マツコ
だからこの人、夜寝れなくて泣いてるんだから

若林
で、それをね、
うちのお母さんが心配して泣いちゃうのまたww

ふかわ
そういう流れwww

若林さんそれ、漠然としたままの方がいいんでしょうか?
内訳を具体的に知る方が……?


若林
内訳をちゃんと知ってれば、
そこで対処するとか、自分が向かっていけるじゃないですか。
このどーしょーもない漠然とした闇?

マツコ
いやーでも私、あんたの場合……
あんとと言わず、その奥にいる方(内藤)も含めて、もう一つだよ、理由は。

…………………孤独だからwww


若林
そしたら、こちらの横(マツコ)もそうだよ

マツコ
でも私はさ、ある程度覚悟をして生きてこれたじゃない?

オカマだし、結婚はしないなーとかさ。
子供はできないなーっていうのを20年とかさ、30年かけてさ、
言い聞かせてきたわけじゃない自分に。

あんたたちはさ、20年前はさ、幸せになってると思ってたんだろ?
なまじほら、ブスではないじゃん二人とも。
だから一番性質悪いよね、二人www

高望みして夢破れる人ってのはホント愚かよ
やっぱりね、こういう


1位:まちあそび人生ゲーム

島根県出雲市の小さな商店街が試みた、地域町おこしのゲーム、その名も「まちあそび人生ゲーム」というものが話題を集めているそうです。

市の中心街から10kmほど離れた平田本町商店街では、実際のお店がマス目に描かれたルート図と、おもちゃの紙幣を手に、商店街を回るイベントを実施。
ルーレットを回しては各店舗を回るゲームにおよそ2000人の家族連れが参加したそう。
お店の人は、マス目にとまった参加者に試供品を配ったり、じゃんけんなどでおもちゃの紙幣をやり取りするなどしてゲームが進行。
ちなみに一番人気だったお店はスナック銀座。
お店はカウンターでジュースを提供し、普段訪れない子供や母親は興味津々だったということです。


やっつけ晩御飯

マツコ
振袖(スポンサー)は御正月までだったんだね……




ふかわ
今日書初めを?

ガウ
そうです!
10年ぶりに、筆を下します


多田ダダが選ぶ1位:50台以降向けの趣味

記事では絵画や絵手紙、歌謡曲などの幅広い趣味の会を開いてシニア世代の交流の場として人気があるそうで、この世代の新たな出会いの場としても機能していることを紹介。

常々不思議に思っていたのですが、シニア世代の好きな音楽のジャンルといえば「演歌」というのが一般的ですけど、幼少の頃から演歌で育った世代は置いておいて、演歌とあまり接してこなかった世代がそろそろ多くなっていると思うのです。

私の両親は丁度この記事にある50代のなのですが、実家には演歌のCDは一枚もないですし、父親に至ってはエレキギターが趣味で70~80年代のハードロック、DEEP PURPLEやRAINBOWなんかをコピーばっかしています。

私のイメージではありますが、演歌を聴く人口というのは年々減少していると思いますし、これからもその流れは止まらないと思います。
ハードロックばかり聴いているギター小僧の父親が、いきなり演歌に目覚めるなんて想像がつかないし、私自身も何十年と時が経つにつれ演歌を聴くようになるなんてことはないと思います。

若い頃から聴いてきた音楽は、年老いても聴き続けていくはず。
例えば僕の世代の女子は皆浜崎あゆみさんや宇多田ヒカルさんにハマッた世代。
このまま順調に歳をとって行き、50代、60代になった時、きっと彼女達は「SEASONS」や「First Love」を聴いていると思います。
よほどのことがない限り演歌に移行することはないだろうと。

年末にNHKで必ず放送される紅白歌合戦は、ジャニーズ枠だったり、アイドル枠だったり(ジャニーズ枠とアイドルは別なのかな?)、演歌枠など、それぞれジャンル別けされ、出場できる定員が決まっているという話がありますが、去年の紅白を見ていて演歌が多いなーと感じました。
時代の流れや、視聴率などを考慮した枠制限だと思うので、世の中にはそれほど演歌を望んでいる人が多いということなのでしょうか。
日本の人口を世代別で見てみると、第1次ベビーブーム世代である67歳前後の世代が一番多い。この世代を中心に演歌が親しまれているということなのでしょうか。

私よりも更に若い世代。
最近はヒップホップが流行っているそうですが、この世代がシニアになる40年、50年後の紅白歌合戦はどんな内容になっているんでしょうか。
フリースタイルでラップバトルなんかがメインになっていたりしたら、まさに文字通りの「合戦」。男と女が互いをディスり合うバトルが大晦日の全国放送。
きっと御茶の間の夫婦もそれがきっかけで夫婦喧嘩となり、ギスギスした年明けを迎えるようになることでしょう。

「俺はオマエのATMじゃねーんだYO!」
「わたしはアンタの家政婦じゃねーんだYO!」

私にはラップの才能がないようです。

Pocket

SNSでもご購読できます。