岩下「何でもタダはダメ」

Pocket

8位:好感度爆上げ公演

アイドルグループAKB48の「こじはる」こと小嶋陽菜さんが、昨日「小嶋陽菜好感度爆上げ公演」の公開ゲネプロに出演しました。

これは来年2月に卒業コンサートを控える小嶋さんが、自身の好感度を上げるために開催する自己プロデュース公演。
しかし、名前こそ自身の好感度爆上げ公演としているものの、実際は今後のAKB48を担う後輩たちへの思いにあふれた内容で、後輩たちは小嶋の背中を見てどれだけ学べるかが重要だとある関係者は語っています。

大和悠河
私もあの……卒業って聞くと、宝塚の卒業がやっぱり……大きくて。
ものすっごい宝塚の卒業って幸せなんですよ。

ちゃんと花道をね、作ってくださって。
下級生も……悲しんで‟さようならーっ”って
一般の方も涙を流しながら、最後を見送ってくれるんですけど……





大和悠河
これは……楽屋に入る時ですね

ふかわ
キラキラ光ってますけど!?

大和悠河
そうなんです。
スワロフスキーで周りが……付いてる。
これゴールド、シャンパンゴールド

ふかわ
これはもう、ずーっと続いてる儀式のようなものなんでしょうか?

大和悠河
必ず、トップさんのさよならの時はこういうセレモニーがあるんですよね

ふかわ
大抵ねぇ……こんなの岩下さん、
スワロフスキー負けしちゃうものですけども……

岩下
ほんとっ。

もうこういう時にぶつかるとね、
宝塚劇場のとこから帝国ホテル行こうとするとね、通れませんのよ!
ほんとーにねー!


ふかわ
文句言わないっ今はっ!!www


7位:NHK大解禁

NHKがBSプレミアムで過激な挑戦を続けています。

19日に放送された、横溝正史さん原作のドラマ「獄門島」では、現在は放送禁止とされる「キチガイじゃが仕方がない」という言葉を謎解きのキーワードとしてそのまま使い、ミステリーファンを歓喜させました。
また16日放送の日活ロマンポルノの特集番組では、オッパイ丸出しのシーンや劇中の乱交シーンまでしっかりと紹介。
「コンプライアンスの名の下に、規制の一途をたどるテレビ界に一石を投じることになった」とある民放関係者はNHKの心意気を好意的に語っています。

岩下
放送禁止用語で私ら、若いころから困ってたのは……

舞台中継で、劇場中継で、歌舞伎とか浄瑠璃の中継の時に、
使えない言葉がいっぱい出てくるんですよ、昔だから。
つまり差別語が。

そういう時に、ピーとかじゃなくてそこだけ声が、消すの。
昔消してたの


ふかわ
舞台上で?

岩下
いやいや、中継の時に。

だから舞台中継見てると、
使っちゃいけない言葉の時は、口パクになるわけですよね。
音声消すから。

……それ今どうなってるかよく注意して見てないんだけど


ふかわ
この番組もやったほうがいいですよねぇ!?
特に木曜日あたりぜひとも!w

岩下
もう、パクパクだらけよww


6位:米倉膝上25㎝

毎回のように20%超えの視聴率を叩きだす、米倉涼子さん主演のお化け番組「ドクターX~外科医・大門未知子」。
このドラマで見せる米倉さんのスカート丈が話題となっています。

米倉さんのミニスカートは、2012年放送の第1期では膝上10㎝でしたが、シーズン毎に5㎝ずつ短くして露出を増やし、第3期では20㎝に。
これが話題になると、「みなさんが喜んでくれるなら」と次のシーズンでは限界突破の膝上25㎝を自ら宣言。
そして宣言通り、今シーズンは膝上25㎝のスカートで、大胆に足を組むシーンにも挑戦しているそうです。

大和悠河
私も宝塚の時に、椅子に座る時は必ず足を高く上げてから組む……
と、その時にファンの方が
“キャーッ!!”
って喜んで下さるんですよね。

だから、“あ、これうれしいんだな”と思って毎回やるように


ふかわ
男役ですから、男らしさの象徴なんでしょうかね

大和悠河
そうですねー、
だからそういうところはあえてやるようには

ふかわ
これやっぱ、上がれば上がるほど“キャーっ!!”は大きくなるんでしょうか?

大和悠河
そうですねwwww
かっこよければwww




ふかわ
ぇーそして、アルバムが?
……こちらのジャケットはどっちよりなんでしょうかねぇ?

大和悠河
これあの……
結構こっちでおへそ出してますけども、女性全開で出してるんですけども。

「ELOISE」という私の初めてのファーストアルバムでして

ふかわ
歌を歌ってるときは、割とナチュラルな女性の部分がこう……?

大和悠河
そうですね~。
今聞いて頂いてるのは「宝石の時間」という曲なんです。
これは女性らしいですけれども……

やっぱり男役で培った、男歌というか……
の、70年代にヒットした曲も沢山歌わせていただいてて

秀樹さんの「ボタンを外せ」とか
あと、沢田研二さんの「LOVE(抱きしめたい)」とかを男役モードで歌って


5位:M7.4

今朝5時59分頃、福島県沖を震源とする地震があり、福島県いわき市、茨木県高萩市、栃木県大田原市などで震度5弱を観測しました。

気象庁によると震源の深さは25㌔で、マグニチュードは7.4と推定。
この地震の影響で、東北から関東の広い範囲に津波が到達し、仙台港では2011年の東日本大震災以降最大の1.4㍍を観測しました。

岩下
つい前のこと思い出しますしね。

私は故郷元が熊本ですからね、母がまだおりますから。
こないだも帰ってきたんですけど、
まだね、飛行機から見るとブルーシートがいっぱいかかってるんですよね。
なかなか遅いですね、ああいうことってね。

ただ、うちの母の時もそうだったけど、
行政とかボランティアの方たちがってよく言うんですけど、
やっぱ一番頼りになるのは近所の人たちですね。

赤の他人でもね。
隣近所、向こうさん、
いつもそういう人たちと義理を欠かずにちゃんと良い関係でないと、
いざっていうとき困る


ふかわ
そうですねぇ……大和さんは阪神淡路大震災の時……

大和悠河
はい、ちょうど……まだ宝塚音楽学校生で、これから初舞台というときで。

やっぱり劇場が使えなくなってしまって……
でもまぁなんとか使えるようになったんですけど、
その時やっぱり近所の人たちというか……。

寮生活だったんですけど、お風呂が使えなくなってしまった時に、
近所の人たちが“入っていい”っていうことで、
順番に私たち、お風呂借りに行ったりとか、
お水もらいに行くのも助け合ったりとか。
ほんとに近所の人たちの助け合いが……


岩下
それ、いつも宝塚の歌劇が地元の人に愛されてるって証拠ですよね

大和悠河
いやぁほんとにそうですねぇ……

だし、もっとより絆が深まって、
舞台でいいもの見せようっていう気持ちになりますね


4位:現金主義

1970年代、童顔のアイドルとして人気を博した歌手のあいざき進也さんが、自身のお財布事情を語っています。

あいざきさんは現金主義で財布は2個持ちとコメントしており、バッグに入れている10万円入りの財布と、ズボンの後ろポケットに10万円を留めたマネークリップを持ち歩いているとか。
またクレジットカードは、以前ゴルフをやった時に一度使ったきり。
パッと使って自己破産するのが怖いため、結果現金主義になっているようです。

ふかわ
よくお買い物はされるんですか?

大和悠河
私、お洋服とか大好きなので……
気に入った形の物があると、色違いで5種類くらい……

ふかわ
ご、え?
5種類?

大和悠河
5種類買ったりしちゃうんですけど

ふかわ
5種類ですか?

大和悠河
はい、でもその時しか巡り合えなかったりするので、
“これは今買わなきゃ”と思って

ふかわ
そんな調子で割りといろんな洋服を?

大和悠河
はい、いっぱい、はい。
いっぱい買っちゃいますねぇ……

ふかわ
これは完璧な金持ちですよね?www

岩下
好感度が下がるかもしれないねw


3位:身銭を切る

元内閣総理大臣の田中角栄氏は若いころから、ご馳走になるタダ酒を飲むのを嫌っていたそうです。

その理由を元秘書の方に尋ねたところ2つあり、一つはあらゆるところで人に借りを作るのを嫌がったこと。
もう一つは、身銭を切ると自分が額に汗した金のため、相手との話も真剣勝負になるからだそうで、他人に奢ってもらった場合、真剣勝負をしたくても弛みや遊びが出てしまうのでタダ酒は遠慮がちだったようです。

岩下
途中から気が付いたんですよ。

奢ってもらうと後でその何倍も大変だって。

それこそ義理をナニするのに。
だから途中からね、全く行かなくなったの、そういうところに


ふかわ
奢ってくる方がちょっと恩着せがましくなるとか?

岩下
人によっちゃぁ……

普通は角栄さんと一緒で、
奢ることによって義理を売ってるわけだから、得してるわけですよね。

ただ得しといてね、
奢って得しといてそのあとまだいう人がいなくはないわけですよ。
あん時どーだったとかって。

だからもう、40過ぎてくらいから用心しましたね、私は。


ふかわ
やっぱタダっていうのは怖いもんですね

岩下
何でもタダはダメ


2位:蓮舫・カカア天下

民進党の蓮舫代表が、テレビのバラエティー番組に出演し、夫で早稲田大学非常勤講師・村田信之氏の家庭内序列が低すぎる生活スタイルが放送され、批判が噴出しています。

また蓮舫氏は番組内で、村田氏の髪の毛が後退していることについて、「その内フェードアウトするんじゃないですかね」などと発言。
これに対して、「ご主人がかわいそう」という意見が寄せられたほか、「男女平等」「共生社会」を掲げる民進党の大行として不適切な発言なのではと物議をかもしています。

大和悠河
宝塚はすごいんですよw

あの……トップ・2番手・3番手・4番手とかってすごくハッキリしてて。

ペーペーの時はズボンの横のラインが1本だったりするんですけれども……
位が上がっていくと2本・3本、そのうちレースとか、金具が付く。

どんどんどんどんグレードアップしてくんで、
“あ、自分は何番手だ”
“あ、この人に負けちゃった”
とかわかりやすいんですよ、そういうのが


ふかわ
でもそれでブラッシュアップするというか、しのぎを……

岩下
かえってわかりやすいからいいですよね?
お辞儀もしやすいしね

大和悠河
そうなんです。
あ、今回はこうなんだなって思って。

年功序列でちゃんとしていればまぁ大丈夫というか


岩下
なんか壮絶なイジメにあった話とか後で楽屋で聞きたいですねぇ

大和悠河
www
ないですないですww


1位:総合格闘技エッチ

中野のあるトレーニングジムには、夜の営みのために総合格闘技を始める筋肉系美女がいるそうです。

というのも、総合格闘技の寝技を身に着けると、営みの時の体位やポジション取りに役立ち、女子より大きい男子をコロコロ転がしたり、面白いくらいやりたい放題できるとか。
最終的には男を道具にしている征服感も味わえるそうです。

ふかわ
あぁ……これで上田さん通ってるわけですねぇ?w

上田
ちがいますー!!w

ふかわ
ものごく鍛錬してー。ね~。
結局なんかね。グラビアとか興味ないって言ってましたもんね?
目的これ以外ないじゃないですかー

岩下
浅はかでしょ?
筋肉でねぇ、男は征服できないのよあんたぁ




ふかわ
どういう感じの来方がいいんですか?
口説かれ方

大和悠河
口説かれ方ですか?w

岩下
私、男役なりましょうかぁ!?

大和悠河
www

でもやっぱり、グッと引っ張られるのが、女性、キュンとくるんですよね。
これ寝技じゃないかもしれないですけど。なので……


岩下
やっぱ腰をクッっと抱くとか?

大和悠河
抱くとか、そう。そういうので

岩下
長谷川一夫先生の演出ですよね

ふかわ
うるさいなぁー!!
あなたに聞いてないんですよ!!w

大和悠河
でもそうそうww
よくご存じでwww

ふかわ
やっぱり強引に、想像以上の強引さで?

大和悠河
強引さで来るとキュンと……来ると思います

ふかわ
上田さんどうなんですか?

上田
あ、そりゃぁ強引な方がいいですよww

ふかわ
強引?www
ぶん殴られた方がいいんですよね?www

上田
それはイヤそれはイヤですwww

ふかわ
はい、ということで。
以上、夕刊ベスト8でした


多田ダダが選ぶ1位:身銭を切る

記事では田中角栄元総理大臣が、他人に奢ってもらうことを遠慮がちにしていたという話を紹介。

まさにタダより高いものはないという古人の格言の通りで、奢ってもらうと、奢った側には上から目線の驕りが、奢られた側には無意識に恩を感じてしまうという奴隷性分が芽生えてしまいます。

それでもいいという場合は全く問題ありませんが、5000円、1万円程度奢ってもらうだけで、相手との上下関係が発生してしまったり、「あの時奢ってやったのに」なんて言われたら目も当てられません。

人の金で飯を食うというのは、確かにその時はものすごいうれしいですし、幸せでラッキーで、脳内は快楽物質大放出のスリーセブン状態です。
でもそんな状態はその場限りの快楽。
後に待っているのは、その後一生覆すことのできないヒエラルキー。
奢りという行為は、一時の快楽に身を委ねその後の人生を大きく方向転換させてしまうという……非避妊性交と全く同じ構造なのです。

非避妊性交には多くのリスクが付きまといます。
一時の快楽に身をゆだねることで、もらわなくてもいい病気を召し上がることになってしまったり。
一時の快楽に溺れることによって、なんでこんなヤツと……と思うような相手と一生を過ごさなくてはならなくなってしまったり。
……嗚呼、なんて恐ろしいことでしょうか。
奢りも性交も、相手と自分の関係をしっかり見定めてから行う必要があります。

しかし長い人生の中で、この人に奢られるのはヤバイと分かっていても、それを上手く回避できないことも多々あります。
プライベートでも距離を詰めてこようとするめんどくさい上司からの頻繁な誘い、断りにくいですよね。
1度や2度は適当な理由をつけて断っても、さすがに毎度断ると角が立ちますし、仕事上もややこしくなることでしょう。
なので数回に1度は嫌々ながら誘いに応じますが、その1度が実は取り返しのつかない選択であることもしばしば。
気づけば上司がやっているマルチ商法の一員にされているなんて話、よく聞きますよね。
いや、聞かないかもしれませんが、実際にある話ではございます。

もうこの場合、断ってもマイナスですし、誘いに応じてもマイナス。どちらにしても絶望しかございません。
諦めて、そのマイナスを謳歌するしかないのです。

性交も一緒。
ブスと二人っきり。全くもって顔はタイプじゃないし、性格も嫌いだし、できることなら関わりたくない女性が隣にいます。
でも……おっぱい触りたくてしょうがなくなる時……ありますよね。
もうそれは生物として、男としてしょうがないことなのです。
目の前におっぱいがあれば触りたいのです、理屈じゃありません。

そういう時は……もう身を任せましょう。
その一時の過ちのせいで、その人と一生を共にしなければならないという悲壮的な人生になってしまうかもしれません。
でも……それはもうしょうがありません。
ムラムラしてしまったのですから、そこはもう大いなる流れに身をゆだね、その一瞬を全力で楽しみましょう。

これこそが日本の将来を救う最上の手段、これこそが少子化に歯止めをかける最強の戦略なのです。
昔の人を見てください。どこの家庭も子供がたくさんいました。
4人5人は当たり前、6人だ7人だ8人だと、兄弟も多ければ穴兄弟もわんさかと。

現在よりも格段に食糧不足だった時代にも関わらず、繁殖繁殖の乱れうち。
生まれても育てられないかもなんていう心配はなんのその。
そんなことよりも繁殖じゃ繁殖じゃとボッコボコ生まれていた。

それに比べ現代日本人ときたら、明らかに食糧過多な国にいながらも、子供を育てる経済力だのなんだのと、未来への不安だけが先行し、それ故に少子化、そして日本経済の衰退。
まぁ、当時は子供が多すぎて間引きをしていたなんてこともありましたが……
それでも、今の日本がここにあるということは、当時の強い繁殖力のお陰とも言えるはず。

だから皆さん、奢られまくり、そしてヤリまくりましょうっ!!

一億総性交社会。

Pocket

SNSでもご購読できます。