堀江「世の中、見ていない物 観測できない物はない物と一緒」

Pocket

ふかわ
さぁ堀江さん。

「君はどこにでも行ける」
これは何でしょうか?

堀江
あ、新刊です。
また出ました

ふかわ
また出ました……w
前のもまだ売れ続けているのにっ!

堀江
そうなんですよ。
スッカリ忘れてたらいつの間にか出てたww

ミエ
そーんなことあります?w





堀江
例えばタイに行くと、すごい経済発展してて、
バンコクの都市部の人たちと、日本の地方の人たちの生活水準、
ほとんど変わんなくなってきてるんですよ。

行くと目の当たりにするというか……


ふかわ
おぉー……

じゃぁ割と世界を旅した旅行記のような?


堀江
旅行記ではなく、
その旅行を通じて世界での日本の、日本人とか周りにいる人たちの立ち位置っていうのを色んな側面から見て

ミッツ
真面目な本なんですね

堀江
めちゃくちゃ真面目ですよ

ふかわ
あぁー……

自分の本だとコメントが非常にまじめに……ねぇ?w
適当にコメントしないですよねww


お題:浮気がパートナーにバレた時、どうする?

堀江
世の中っていうのは、見ていない物、観測できない物はないものと一緒ですから。

シュレディンガーの猫ですよ


ふかわ
シュ…なんだあー?www


8位:おっさんレンタル意外な人気

1時間千円でHなお願い以外は何でもきいてくれるというおっさんレンタルが人気を博しているそうです。

このサービスは創始者の西本貴信氏が「おっさん=キモい」という図式をなんとかしたくて、おっさんのいいところを見せたいと思いつきで始めたのがきっかけだそう。
利用者の割合は女性と男性が7:3。
おばあさんから猫の捜索を頼まれたり、プロレスに興じたりすることもあるということです。


7位:乙武クン肉食伝説

週刊新潮に5人の女性と不倫を報じられた乙武洋匡さん。
この騒動について、夫婦で謝罪したことでネット上では「妻まで引っ張り出すのは男としてどうか」と、更なる批判が噴出しています。

一方で乙武さんを良く知る人からは不倫騒動に対し、「特に驚きはない」と言った声も聞かれているとか。
仲間内では「俺は神様から特殊能力を授かった。一晩に何回でもできる」などと自慢していたと記事は伝えています。

ふかわ
堀江さんはじゃぁ、意外だった派ですか?
それとも……

堀江
あぁ、全然意外じゃなくて。

あ、こういうタイミングで出るんだなあみたいな


6位:おふくろの味

連載コラム小町拝見では今回、歌人の俵万智さんがおふくろの味についてつづっています。

そのレシピを祖母から母、母から子に受け継いでいくというのは麗しい例だが、そうれない定義もありおもしろいと語る俵さん。
「めちゃくちゃ美味しくはなくても無性に食べたくなる味。思い出があれば近所で売っている唐揚げでもOK」など、人それぞれの定義を聞きながら自分にとってのおふくろの味を考えてみたということです。

ミエ
食べ物じゃなくて、どっかご馳走になって、
先に失礼する時に「ちょっと食い逃げします」とか言うじゃない?

その時に、
“食い逃げなんていう言葉は使っちゃいけません”
っていうの。
「何て言うんですか?」って言ったら、
“呼ばれ立ちとおっしゃい”って言われまして。

それはまだ小さいころでしたけど、あ、なるほどーと思って。
だから私も色んな人に教えるんですよ、今でも


ふかわ
食い逃げって表現も知りませんでした……
そうなんですね

ミッツ
食い逃げっていうと、
無銭飲食的な感じがありますよね

ミエ
でもなんか、そういう言葉しかないですよ
「ちょっと先に失礼します」みたいなの

ミッツ
ミエさん「よばれ立ち」上手ですよね


5位:底辺私大「胃が痛い」

受験シーズンも終わりましたが、この時期受験者以外にも胃が痛い思いを強いられている人々がいるようです。それは底辺私立大学の入試担当者たち。

そこの新入生は今や普通高校ではなく、工業高校、専門学校などから必死にかき集めている状況だとか。
今や定員割れに近かったり、その境界線上、または定員割れしている大学は全国に600校あまりあり、私立大学の43%にも及ぶそうで、18歳人口の減少、大学を作りすぎたことなどがその原因だということです。


4位:砂糖毎日食べてみた

毎日ティースプーン40杯分、160グラムの砂糖を60日間摂取したらどうなるか自分の体で実験してみた。
そんなオーストラリアのドキュメンタリー映画が話題になっています。

1日40杯はオーストラリア人の平均摂取量で、この数字に驚いた監督は実験を決意。
食生活をその多くに砂糖が使われている加工食品中心に切り替え、摂取総カロリーを増やさず菓子類は避けるなどのルールを自らに課して挑戦したんだとか。
ちなみに映画では、砂糖=悪とは言っておらず、自由な選択をする上で大切なのは正しい知識だということを伝えたいと監督は語っています。


DVDさわりだけバトル

ピックアップBOOK


3位:隙間から埋蔵金

イスラエルの女性が友人らとハイキングをしている最中、岩の隙間からおよそ2000年前のものとみられる金貨を発見し、話題を集めているようです。

金貨には初代ローマ皇帝の肖像が刻まれており、過去に確認されていた枚数は1枚だけという貴重品。
発見した女性は「博物館で展示してもらいたい」と語り、金貨を専門機関に寄贈したということです。

ふかわ
堀江さんはこういったものに投資というんですかね、ビジネスとして……

堀江
まったく興味ないです

ふかわ
なぜこれは?

堀江
え? 何故って言われても……

全然こんなものに興味は……


ミッツ
金は稼ぐものだ、掘るもんじゃない?

堀江
いや、別に金とかに興味ないから

ふかわ
……あれ?
ちょっと意義ありですけども

堀江
いやいや、ほんとほんとほんと。

だから、僕事業とかやるのは好きですけど、
こんな掘り出したりとかするの、どうでもいいww

そんなの糸井重里さんにお任せして


2位:アバター卒業式

日本初の通信制バーチャル高校サイバー学習国で先週初の卒業式が行われました。

生徒達はアバターと呼ばれる分身キャラクターで出席し、オンライン上で卒業証書などを授与。
ちなみにサイバー学習国では授業やテストなども全てネット配信動画を使って行われており、現在は259人の生徒が在籍しているということです。


1位:ヒトラーは間違っていない

アメリカのマイクロソフトは昨日、ネット上で一般人らと会話しながら発達する人工知能の実験を中止すると発表しました。

その理由は不適切な受け答えを教え込ませたせいで「ヒトラーは間違っていない」といった発言や、差別的な発言を繰り返すようになったため。
実験は人工知能の修正を終え次第再開するとみられています。


ホーリエビジネスサテライト

【日本新聞協会調査「紙の新聞読む人77.7%」】

ふかわ
新聞とってないでしょ?

ジャン
ボク、とってる……

ミッツ
えー!?

堀江
何新聞とってるの?

ジャン
あのー……まいにち……

堀江
まいにち?w

ミッツ
どっちよww

毎日来る新聞なのか、毎日新聞なのかwww


ジャン
毎日って新聞

ふかわ
なんで新聞読もうと思ったの?

ジャン
いや、もうすごい営業の人が頑張ってたから……

ふかわ
いいカモだなっ!w
優しいなっ!


多田ダダが選ぶ1位:アバター卒業式

記事では日本初通信制バーチャル高校サイバー学習国で卒業式が行われたことを紹介していました。

授業もテストも卒業式もオンライン上で行っているというこの学校。
時代はすでにここまで進んでいたんですね。

第5位の記事「底辺私大、胃が痛い」では、作りすぎてしまった大学のせいで生徒集めが大変だという話題があるなか、バーチャルな世界で学校が開校され、そこに需要があるというのはとても面白い現象だと感じます。

どれほどのレベルの内容が学べるのかわかりませんが、自宅で好きな時間に授業を受けることができたりするのはとても魅力的で、時間がない社会人にとっては定時制に通うよりもメリットがあるのかもしれませんね。

Pocket

SNSでもご購読できます。