ガウ「ワンちゃんの吸盤」

Pocket

お題:昔から好きな匂いはありますか?

若林
う~んっと……思い出す匂いってありません?
この匂いをかぐとあの時のあの頃を思い出すみたいな。

私、歴代の彼氏の中で一番かっこいい人が、高校時の彼氏なんですけど。
その彼が昔ギャッツビーをつけてて、未だにギャッツビーの匂いとか嗅ぐと……
あぁ、いい男だったなぁって思い出すwww


ふかわ
あの頃を思い出す。

匂いはね、かなり記憶とね繋がりますから


マツコ
あんたのピーク高校時代だったんだね?ww

ふかわ
その時多感だったから、より強く覚えてる?

若林
そうなんですよねー

マツコ
いやもう……
最近付き合ってる男はもうウンコみたいなのばっかり




ふかわ
ガウちゃん、好きな匂いなんですか?

ガウ
えー……
私、ワンちゃんの吸盤


8位:琴奨菊優勝

昨日大相撲初場所千秋楽で、日本出身力士の十年ぶりの優勝を果たした琴奨菊関。
記事では、中学時代からのライバルで、最後まで優勝争いをした豊ノ島関と握手を交わす姿が掲載されています。

土俵から引き上げる琴奨菊を花道で待ち構えた豊ノ島は、「優勝して一番うれしく、一番くやしい人だが、早くおめでとうを言いたかった」と祝福。
誇らしげに賜杯を抱く琴奨菊の姿に「俺も持ってみたいねえ」と頂点への意欲を見せたということです。


7位:赤プリ跡地にゴージャスホテル

西武ホールディングスは旧赤坂プリンスホテル跡地の複合施設に高級ホテルを開業することを発表しました。

ホテルは7月27日に開業し、ビル最上部の30から36階に250室、一泊6万円から59万円だそう。
グループのホテルでは最上級の位置づけになり、来客の6割から7割は欧米やアジアからのビジネス客を見込んでるとか。
現在訪日客が増えているため、日本中でホテルが足りず、以前なら一泊数千円が相場だったビジネスホテルも、最近では2万円から3万円に値を吊り上げている状況。
強気な価格になるのも無理はないと記事は伝えています。


6位:賃上げ最大限努力を

主要な企業の労使関係者が賃上げや雇用問題について意見を交わす「経団連労使フォーラム」が東京都内で開催されました。

経団連の榊原会長は挨拶で、「デフレマインドから脱却し、積極果敢な経営により賃金の引き上げに繋がるように最大限の努力をお願いしたい」と述べました。
連合は春闘で基本給を一律に引き上げるベースアップを2%程度を基準とする要求水準を決めていますが、一方の経団連は、今春闘ではベースアップに対する姿勢を後退させ、企業に年収ベースで去年を上回る賃上げを求めるということです。


5位:占い師を信じて失敗

元マラソンランナーの谷口浩美選手が、過去のマラソン体験を語る連載。
占い師のアドバイスを受けて大失敗した話を紹介しています。

それによると、故障から悩んでいる際に、頼った占い師から受けたアドバイスが「肉を食べろ」「ビールを飲め」これを信じて食べまくり飲みまくって大会に出場。
結果的に内臓をやられてしまい、全くダメ。
レース当日も下痢と嘔吐に悩まされて散々だったことがあったということです。

マツコ
恐らく占い師の方も……
胃腸を壊すまで飲めとは言ってなかったと思うんだけどね

4位:人脈硬化で仕事力老化

30代以降職場でベテラン社員といわれ始めたら注意したいことに「仕事の老化現象」というものがあるそうです。

記事によると、飲みにいく相手が毎回職場の仲間や特定の取引先の人ばかり。
会話も噂話や事務的なものばかり。
こういった飲み会が続くと、動脈硬化ならぬ人脈硬化を引き起こし、視野狭まり、社会の変化についていけなくなるとのこと。
結果的に部下などが提案する案件に「前例がない」という理由でノーばかりを連発するノー拘束にまでなってしまうということです。

ふかわ
内藤さんなんか、人脈硬化してないですか?

若林
内藤さんは違う意味でスゴイじゃないですか

ふかわ
ちょっと表情キツくなりましたけどwww


3位:高島平団地で「皆食」運動

東京都板橋区高島平団地で、高齢者が集まって食事を共にする皆食運動が行われているそうです。

現在高島平団地では、高齢化率が50.2%。65歳以上の高齢者の独居率が40.6%にのぼるとのこと。
次回の皆食イベントでは、鶏のつみれ鍋を囲むとのことです。


2位:ずさん修復

古代エジプト王ツタンカーメンの黄金マスクのあごひげ部分が、ずさんに修復されていた問題で、エジプト当局は、マスクを公開している考古学博物館の元職員ら8人を懲戒委員会にかけることを明らかにしたそうです。

黄金のマスクは、破損した接合部分から接着剤がはみ出すなど、ずさんな修復が去年1月に発覚。その後あらためて修復のやり直しが行われていました。
8人は既に解雇されているものの、処分が決まっていない状況だということです。


1位:明暗分かれる中野のシンボル

サブカルチャーの発信地として知られる東京中野。
その象徴的な二つの商業施設が今明暗を分ける状況にあるということです。

まず中野ブロードウェイは1966年のオープン当初から普通の商店街として賑わいましたが、80年代からは徐々にオタク系マニアが集うサブカル発信地へと変化。
今では外国人観光客も増え、賑わいを見せているのに対し、一方真裏にあるワールド会館は、現在空きが目立つそう。
というのも3年前、固定資産税が滞納されていることが発覚。
ビルのオーナーが税を滞納し、建物そのものが都などに差し押さえられていたということです。


やっつけ晩御飯

ふかわ
あの、ここにですね、
“若林さんのスッピンが天使のようでかわいい”
みたいなメールが大量に来てるんで、ガウちゃん。

これで今日切り絵やりましょうか





マツコ
このタレはこれで正解?

ふかわ
そんな感じですよねwww


多田ダダが選ぶ1位:明暗分かれる中野のシンボル

大人気の中野ブロードウェイと対照的に、差し押さえられたワールド会館の記事。

中野ブロードウェイには何度か行ったことがあり、毎回必ず帰りにブロードウェイの近くにある「焼肉屋マルキ市場」に行っていました。

マルキ市場の料金システムは通常の飲食店とは違い、一人800円の入場料が掛かります。
入場料が必要なほど高級な焼肉屋ではなく、店内は普通の焼肉屋さん。
そうすると入場料を払う意味も価値もないと思われてしまいますが、入場料が掛かる分1品1品がとても安く設定されています。
なのでたくさん食べてたくさん飲む人ほど普通のお店よりもお得なるというシステム。

どれくらい安いのかというと、焼肉大手の牛角とコーラで比較します。
牛角のコーラのお値段は290円。
一方マルキ市場は158円で、ほぼ半額。
しかも今はどうかわかりませんが、ジョッキで出てきます。

本当は肉で比較するべきですが、店によって量や質が全然違うので、わかりやすくコーラにしました。

お肉だけでなく、全ての料理の価格が安く設定されていますので、興味のあるかたは検索してみたり、行ってみたりしてみてください。

Pocket

SNSでもご購読できます。