ふかわ「ナウい女になれよっ!ww」

Pocket

お題:あなたには孤独を感じる瞬間はありますか?

おおたわ
人間ってやっぱり孤独だと思っているからぁ……

結婚したら孤独じゃなくなるかと思って結婚したんだけど、
一人だった時の孤独以上に、
結婚してから寂しいなと思ったときの方が何百倍も孤独なんだなっていうことを
結婚して数年経ったときにすごく思いました


ふかわ
相手が良くなかったんじゃないですか?ww


8位:それでもNHKに残る

記事では、NHKの有働由美子アナウンサーの幻の引き抜き話を元NHK職員の立花孝志さんが語っています。

ある時立花さんは、東京キー局の幹部から「有働なら専属契約金5億円、年俸1億円出してもいい。彼女は報道、スポーツ、エンタメなんでもできる。しかも女性に好かれているから」と言われたそう。
ところが当の有働さんは昔から、「年を取ったら稼げないからNHKに残る」と言っており、移籍の意思はないということです。

おおたわ
“辞めアナ”っていうらしんですけど、
キー局を辞めたアナウンサー達、鳴り物入りでフリーになる人はいっぱいいて。

ただどんどん増えていますから、
私の友達なんかでもね、このくらいの年代でもう辞めて、
当時もう売れっ子ですよ、超売れっ子ですよ、カワイ子ちゃんですよ。

でも、今あんまり実は仕事なくなっちゃってるっていうような人いっぱいいますから。

辞めアナっていうだけじゃ価値はそんなにいつまでも……
みたいなことを吉川美代子さんが言ってました


ふかわ
あー、重みがありますねww
ありがとうございました、ぜひスタジオまでお越しくださいww


7位:ノメラー

クラシックバレエの世界には、はた迷惑な観客を指す「ノメラー」という言葉があるそうです。

語源は「のめり」。
上演中、つい前のめりになってしまう人を指すとか。せりだした状態が後列の観客の視線をさえぎるため、バレエ鑑賞ではタブーとされている行為。
ところが本人には悪気も自覚もないことから、ノメラーの防止は難しいということです。

美保
脳天饅頭の人

ふかわ
脳天饅頭?

美保
ココにお団子する女の子いるじゃない?
アレが一番困る

ふかわ
それはアフロよりも?

美保
アフロよりも

ふかわ
困wwww
気になるんでしょうかね?w

美保
気になるねー。
私なんか帽子も取るけど

ふかわ
そうですねぇ まぁ本人もねぇ、無意識なんでしょうけども

美保
あと何かふにゃふにゃしてる毛の人

おおたわ
しょうがない。
ねこっ毛、ねこっ毛ね。
体質だからねー

ふかわ
まぁでも頭髪はしょうがないですけど、特にバレエとなると……

美保
そうですね。

あと小っちゃい飴の袋を破かないでっていうのありますね。
ピリピリっていう……。

ちょと喉が咳しちゃうじゃない?
そん時にのど飴とか食べるんだけど、あの袋を破く音がうるさいんですよ


おおたわ
でもあれほら、咳とかくしゃみとかされると、
演技してる方が一瞬セリフが飛んだりとか、なくもないですよね?
すごい集中してるときにポッと糸が切れるように

ふかわ
見る側としても咳出しちゃいけないと思うと余計なんか、こんがらがって

おおたわ
考えすぎるともうね、ありもしない咳が盛り上がってきちゃうんでねw

ふかわ
咳のボスが登場し始めるときありますよねww


6位:タイムシフト視聴

録画によるテレビ視聴を数値化したタイムシフト視聴率。
10月期の発表では、TBSの「逃げるは恥だが役に立つ」が1位。2位は日本テレビの「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」。
リアルタイム視聴率が20%台を記録している「ドクターX」は3位にとどまりました。

リアルタイムとタイムシフト、両方の視聴率を足すと20%の大台を突破している番組も多いことからテレビ関係者は、「若者のテレビ離れが指摘されて久しいが、まだまだテレビは視聴されている」とコメントしています。

美保
私も5時夢とNHKスペシャルは録画してるんですよ

おおたわ
ほぉほぉほぉほぉ……そりゃまぁ両極端だね、またね

美保
5時夢は見返したりしないw

ふかわ
水曜日は見ないけど、家にいるとき……?

美保
に、NHKスペシャルは見るんだけど……

おおたわ
私もクローズアップ現代は見るね、確かにねw
5時夢に出て、クローズアップ現代見るみたいなねw

ふかわ
それが……ちょうどいい栄養バランスなんでしょうかねw

美保さん、ほかの曜日を見てどうですか?
どんな感想を抱きますか?


美保
他の曜日?

あ……あぁ木曜日は、すごいやっぱ大人だなーとか思って。
一番メンバーが変わってないじゃない?


おおたわ
そのまんま熟してきてますからね

美保
下ネタになると(上田が)すごいダンマリになってるから

ふかわ
あぁ……そうですねぇ。
まだね、何か照れくさいんでしょうかね。

ただ自分を出してないんでしょうかね


上田
アレに慣れてしまうと、ちょっと色んなバランスが崩れちゃいそうなんでww
ちょっとセーブして、ちょっとずつちょっとずつ、はいw

ふかわ
本当は中身、40のオッサンなんですけどねぇ


5位:直箸が苦手

私は何人かで集まり、直箸で食べ物を突っつくのが苦手となぎら健壱さんは連載コラムの中で告白しています。

特に鍋料理などの場合、「最初に取らせてください」と断って、いの一番に自分の食べる分を器に取り分けていたとか。
しかし長年この世界にいることで、そうも言っていられなくなり、意を決して箸を突っ込んでいる内に慣れてしまったと語るなぎらさん。
とはいえ、料理番組などで料理人が味見をする際、お玉で直接味見をするのは今も感心しないということです。

美保
この前かき氷を食べてたんですよ現場で。

そしたらあの……若松さん。
あ……若松さんじゃない……あ、岩松さん!
役者さんがいるんですけど……

私が食べてたらスプーンを持って食べに来たんですよ、私のかき氷を


ふかわ
自分のスプーンを持って?

美保
そう。
こうやって(犬食い風)寄ってきてwwww

ふかわ
岩松さんですか?
村松さん?

美保
作家で、役者さんもやってる渋い……
サスペンダーしてるオヤジです、いつも

ふかわ
あれ、村松さん?

スタッフ
岩松さん

ふかわ
岩松さん?
岩松さん……あっ……

美保
素敵な役者さんになってるんですけど、共演することが多くて

おおたわ
マイスプーン持ってるんだったら、
最低限の礼儀のつもりで持ってきたんじゃないですか?

美保
スプーン?
そこら辺にあったやつ

ふかわ
それは結果良かったんですか?
OKだったんですか?

美保
なんか……ずっと減らないからw

“減らないでしょ?”
って言って近づいてきたんですよ。
だからずぅーっと食べてたの二人で


ふかわ
それは良かったんですか?

美保
夫婦の役だったんですよね

おおたわ
あ、そういう意味もあって近づいてくれたと良心的に解釈しましょう

ふかわ
あ、そうですね。
イヤだったってことではないんですね?

美保
嫌じゃないですよ?w

なんでいつもサスペンダーしてんのかなーって


ふかわ
wwww

美保
どの役やっても、結構サスペンダーしてるんですよ!ww

ふかわ
サスペンダー、別にイヤなわけじゃないですよね?w

美保
えwww
何かパッチンってwww
芝居でパッチンってやってやったのwww

ふかわ
はい、はい、えー、個人の見解なんでどうかお許しくださいw


4位:夫のタイプ見極め

保育園や幼稚園選びなど、本来夫婦で相談して決めなければならないことが多々ある中、夫の反応が悪い場合はどうすべきか。
そこで、NPO法人・子育て学協会の山本直美会長は、夫の性格を解決思考型、指示待ち型、柔軟型、自立型の4つのタイプ別に分けることを推奨しています。

ちなみにそのネーミングから、もっとも厄介と思しき指示待ち型の夫に対しては、やってほしいことは確実に伝える、相談できる第3者を確保し不満をためないと、記事ではその対応策を指南しています。

おおたわ
うちの夫はどれになるんだろうと思って考えてたんですけよ。

で、どう考えても主体性が低くて共感性が高いっていうね、
柔軟な夫っていうとこに入る。

だからあのぉ、
“柔軟な夫には上から強くものを言ってはいけない”
みたいなことが書いてあったんだけど、
どう考えても私、毎日上からものすごい強く言ってるなぁと思って


ふかわ
どういうことを言うんですか?

おおたわ
もーすべて全否定とかですよね

ふかわ
www

ちょっとオープニングの話からすると……
年末あたりに何か大きなニュースにならないかとww
大丈夫ですか?w


3位:書店のカバー

33年前、雑誌の投稿欄に本屋のカバーの交換を呼びかけたところ、全国各地から大量の書店ブックカバーが送られてきた。
それで翌年有志を募って書皮協会を結成したと、愛知県のみさきたまゑさんは、書店ブックカバーのこだわりと共に、当時を振り返っています。

2015年までに30回を超え、50以上の書店や団体に大賞や特別賞を贈呈してきた書皮協会。
受賞作の中には映画監督の伊丹十三さんや、画家の安野光雅さんら著名人によるものもある一方、昨今はコスト削減の観点から、大量生産の既製品に切り替える店も少なくないということです。

美保
江原さんの本とか貰うんですけど、カバーかけないでしょ?
だから表紙をひっくり返して、無地にして読んでます

おおたわ
恥ずかしいから?

美保
恥ずかしいww

ふかわ
いやいやいやw
あのー、恥ずかしいっていうのはあのー……ww

何を読んでるか見られたくないっていう……


美保
そう、わかっちゃうからwww


2位:ホワイトハウス転居拒否

時期アメリカ大統領のドナルド・トランプ氏が、ワシントンD.C.のホワイトハウスへの転居を嫌がり、従来通りニューヨークのトランプ・タワーからの通勤を検討していると夕刊フジは報じています。

ちなみに、ニューヨーク-ワシントンD.C.間は、日本でいえば東京-仙台くらいの距離。
これに対し、トランプ・タワーでは大統領の安全性は担保できないと敬語担当者は猛反対しているということです。

おおたわ
私、足立とか葛飾とか出身なんですよ。

で、北野武さんとすごい近いところ出身で、
いつかいつか川を渡って都会に出ていくんだと思いながら大人んなって。
で、今渋谷区ってところに住んでるんですけど、
すぐ近くに北野武さんの家があるんですよ。

だからたけしさんの背中を見て匍匐前進のように
“いつかビッグになるんだ!”
みたいになって、這い上がってきたような人生なんですよね


ふかわ
同じ都内でもやはりその……
渋谷区の方に対するそのなんつーの、憧れみたいなのあったんですか?

おおたわ
そりゃぁねぇ、横浜の坊ちゃんにはわかんないわよww

ふかわ
いやいやwww
やっぱり横浜の人間はやっぱり東京に対するものありますけど……

おおたわ
まぁね。
それ言ったら鳥取の人はもっとねぇ?

上田
まぁそうですねぇ。
「シティーガールになってくるけん」
って言って東京に上京して、はい、東京住んでるんで

ふかわ
ナウい女になれよっ!ww


1位:チン・コジラ

今年度最大のヒット映画と呼び声の高い「シン・ゴジラ」にあやかって、AV業界ではこのたび、「チン・コジラ」なる新作を発売することが明らかとなりました。

「セリフも仕草もあの女優さんになりきってるつもりでやりました」と語るのは、主演を務めるみずしろりのさん。
とはいえ、「最後は気持ちよさに何も考えられなくなって、役柄を忘れてしまった」とみずしろさんは恍惚の感想を漏らしています。

上田
面白AVタイトルをはい。
こちらフリップにまとめております

ふかわ
ここのスタッフはこういうのほんと好きですね!

上田
パイパニック。
とっととハメ太郎。
めぞん一発。
世界の射精から。
いい旅・ハメ気分

ふかわ
ダメだなこれwww

もうこういうの選んじゃダメですから!ね?
とっととハメ太郎さんって、番組のメールいただく方のペンネームでもね


上田
そうですね。
いらっしゃいますね、偶然

おおたわ
私オススメがあって。

「ポッチャリーズエンジェル」って前にも言いましたけども、
3人のぽっちゃりすぎる女の人が出てくるポッチャリーズエンジェルっていうのもあって、それをちょっとオススメですね。

あの、お好きな方にはたまらない。
あの、すごいですからね、色んなとこたるんじゃって


ふかわ
それ、どうやってそれを発見できたんですか?

おおたわ
うちの夫が教えてくれましたwwwww

ふかわ
仲いいじゃないですかーw
ねぇ?エンジェル仲間じゃないですか

おおたわ
夫ね、デブ専なんです

ふかわ
あ、そう……あなた生放送で何言ってるんですか!ww
はい、ありがとうございました、以上夕刊ベスト8でした


多田ダダが選ぶ1位:直箸が苦手

記事では直箸で食べ物を突っつくのが苦手だったなぎら健壱さんが、長い間業界にいることで慣れたということを紹介。

直箸、つまり間接キスですね。
間接キスがダメな人って、子供のころからずーっとダメな人ですよね。私もその一人です。
ダメなんですよ、間接キス。
他人とだけでなく、家族も子供のころからダメでした。
平気な人にとっては、なんでダメなのか全く理解できないと思いますが、それと同じようにダメな私たちからすると、なぜ平気なのか全く理解できません。

といっても、私の場合は鍋は大丈夫です。
これも何で?と聞かれてもハッキリした理由はわかりませんけど。
ただ、鍋後半になってからの雑炊の時に、汁が足りくならないようにと自分の小皿の汁を鍋に戻すのは絶対ダメですね。
同じように、自分の分の味噌汁を飲み切れず、鍋に戻すのも絶対許せません。もちろん家族であっても。
そんなことされたら、私はそれには絶対手を付けません。

子供のころからこんな感じなんですけど、不思議なのは間接キスへ極度の抵抗があるのに、キスへの抵抗はないところ。
私、かなり年の離れた弟がいまして、まだ弟が幼稚園に入る前後くらいのかわいい時期、頻繁に弟にキスをしていました。もー、かわいくてかわいくてしょうがなかったんですねー。
だったら間接キスくらいいいだろうと思うのですが、それは気持ち的に別腹なんです。

私がまだ小学生になる前のことだったと思うのですが、家族でどこかへ出かけた帰りの電車。
夕日が指す電車内で喉が渇いてしまった私。そのことを両親に伝えると、父が私に自分の飲みかけのジュースを差し出しました。

「やっぱ要らない」

私は父にそう言いました。
夕日に照らされた父の表情はとても寂しそうで、悪い事をしてしまったという罪悪感を覚え、私は父に謝ろうとしましたが、ここで謝ってしまったら余計に父を傷つけるかもしれないというジレンマにより、
それ以来私の心に父への大きな罪悪感が彫り込まれ、今でも消えることなく、あの時の父の表情を思い出すだけで胸が痛くなります。

父を傷つけてしまったように、再び誰かを傷つけてしまうようなことはしたくない。

自分のしたことでトラウマになってしまったあの日の出来事。
何十年も掛かってしまいましたが、ようやく限定的ではありますが、間接キスが気にならなくなるようになりました。
気にならないどころか、むしろ積極的に相手が使ったコップを使ったり、相手が使った箸を使ったりするようになりました。

やはり……相手が気になる女性だったりかわいかったりすると、むしろ間接キス狙っていきますよね。
間接キスどころか、キスしたい。
ベロで。

Pocket

SNSでもご購読できます。