ふかわ「美保さんの場合は無職だったかもしれないですねw」

Pocket

お題:ボラれたことがありますか?

美保
引っ越し代金

ふかわ
あ、確かにちょっと分からないところありますよね

美保
そう。
もう早く引っ越したい……あれもこう「えーっ!」って、
お店が違うので違う、見積もりが。

ビックリした


ふかわ
実際払ってから気付いたんですか?

美保
払って

ふかわ
ちなみにどれくらい?

美保
すごい何かね……15万くらい違った。

前のちょっとB級な引っ越しセンターみたいなとこだと、こんだけ安かったのに、
同じ物を運ぶのに、なんでこんな何倍も違うの


おおたわ
丁寧だとか、ほら、
真心とかじゃない?


8位:まるで黄金期のジャンプ

雑誌不況がささやかれる中、今年は週刊文春がベッキーさんの不倫疑惑から、甘利明元大臣の金銭授受問題、宮崎謙介元議員の不倫疑惑など、スクープを連発。
そんな文春につられる形で雑誌業界が盛り上がっているそうです。

芸人の世界でも、週刊文春を褒め称える人があとをたたず、ナイツの塙宣之さんは「ぼくらが子供のころのジャンプみたい。黄金期のジャンプですよ」とべた誉め。
一方で途切れることのないゴシップバブルに、時事問題を漫才のネタにする爆笑問題の太田光さんは「1個の漫才に入りきらない」と泣く泣くネタを取捨選択している苦労を語っています。


7位:ハイジ秘話

連載「ハイジが生まれた日」では、テレビアニメ「アルプスの少女ハイジ」の企画が通ったときの裏話を明かしています。

ハイジの規格がテレビ局に提出されたのが1973年。当初ハイジの企画を見たテレビ局は「まあヒットは無理でしょう。女の子が主人公で当たったことはない」と疑ってかかったそうです。
しかし世の中は「モーレツからビューティフルへ」といわれる時代。
大自然と健康で温かい心を描いたハイジは必ずうけるはずだと粘り強く説得し、ようやく制作にこぎつけたんだそうです。

美保
チッチキチキチキwww
あれは好き。

でも当時は、私はあんまり好きじゃなかったんですよ


おおたわ
ハイジ世代じゃないですか?

美保
ハイジ世代なんだけど、何かすごい自然で、いたいけに生きてる少女みたいなのがあって。

でも全然私はそう思わなくて


おおたわ
あざといヤツだとか?w

美保
何このわざとらしい自然な少女!
ひねくれてたから、うちが貧乏過ぎて、カツカツに生きてたから。

犬も飼ってあんな広い庭で。
家もなんかさー、いいホテルみたいなとこ住んでる


おおたわ
ペーターとかいてね、いいボーイフレンドもいてね

ふかわ
そんな目線があったんですねww


6位:老人を「物」扱い

川崎市幸区の介護付き有料老人ホームで、当時87歳の男性を4階から投げ落として殺害したとして、このホームの元職員今井隼人容疑者23歳が逮捕されました。

今井容疑者は他にも86歳と96歳の女性入居者の転落しに関しても関与を認める供述をしているということです。
逮捕前にはメディアの取材に応じて身の潔白を訴えていた今井容疑者に対し、ある精神科医は「嘘をついて自己を大きく見せるのは自己愛が肥大した人格の特徴。
自分の世界に浸りきって他者と上手くコミュニケーションが取れない反面、職場で接する老人を物として扱っていた恐れがある」と分析しています。


5位:脱ぎ損・脱ぎ得

映画「新・雪国」の笛木優子さんや、映画「いちげんさん」の鈴木保奈美さんのようにヌードを披露しながらあまり評価されなかった女優は多いと日刊ゲンダイのコラムは伝えています。

それとは対照的なのが1981年公開の映画「遠雷」における石田えりさんの大胆ヌード。
立松和平さん原作の青春映画で、濡れ場満載の笑いの作品。テーマは「女の魔性」と映画ライターの森田健二さんは評価しています。


4位:金魚の死骸食べさせる

10代の娘に金魚の死骸を無理やり食べさせたとして福岡県警は母親と内縁の男を強要の疑いで逮捕しました。

17歳の娘をロープでベットの柵に縛りつけ、タバコの火を舌に押し付けるなどしていたこの男女。
去年の6月ごろ、自宅で飼っていた金魚のえさのやり方に文句をつけ、水槽に洗剤を入れ金魚を死なせたうえ、娘に食べさせていたのが今回の逮捕容疑。
30匹以上の死骸を食べさせたとみられています。


3位:格好悪くても役者づら

芸能生活50年。このたび新刊エッセー「若くなるには時間がかかる」を出版した俳優の火野正平さん。
ベールにつつまれた私生活があきらかとなっています。

俳優仲間が「仕事が3ヶ月ないってうなだれていたけど、俺なんか1年半仕事がなかった」と明かしている火野さん。
「でもどれだけブランクがあろうが、次に芝居をすればそのブランクも無職じゃなくて役者でいられたことになる」と独自の解決法を提示。
また度重なるスキャンダルで民法のドラマから干されていた時代に、NHKのドラマから声がかかって助かった話など、興味深いエピソードが盛り込まれています。

ふかわ
長期、数カ月空いた時期ってあるんですか?

美保
ありますよ

ふかわ
そういう時はどういう風に過ごされてました?

美保
引きこもりで家でプレステをやってたりとかぁ。
もーほんとそれやって、パチンコ屋さん行って。

あとは意外と飲み屋さんとか行かなかったです


おおたわ
あ、逆に行かないもんなんですね

ふかわ
基本的にはゲームと

美保
ゲームとパチンコと……あと読書。
それをぐるぐるぐるぐる回ってたら、楽しくなっちゃって。

なんか全然暇っていう……暇の方がいいって


ふかわ
美保さんの場合は無職だったかもしれないですねw


2位:夫婦げんか日本海側に集中

夫婦喧嘩は日本海側に多い。現在こんな調査結果が話題を集めています。

ある結婚情報サイトが、全国の既婚男女3万人を対象に調べたところ、「夫婦喧嘩が多い」と回答した上位3県は福井、島根、富山と、いずれも日本海側。
福井は男女ともに性格が負けず嫌い。島根は男女とも性格が活発。
富山は生真面目すぎて夫婦がぶつかると、県民性に詳しいナンバーワン戦略研究所の矢野代表は分析しています。


1位:デビット・ボウイのタトゥー

先月ガンで亡くなった故・デビットボウイさん。
そのタトゥーをいれたとしてレディーガガさんがまた話題をよんでいます。

若いころボウイに決定的な影響を受けたと語るガガさんがいれたのは73年リリース「アラジン・セイン」のジャケット写真。
動画投稿サイトには「この写真が私の人生を変えた。気品に満ちた聖ボウイへ」など、ガガ直筆のキャプションが挿入されていると記事は伝えています。


年配相談天気予報

【私は最近腰が明らかに曲がっていることに気づきました。前かがみにならないと立てなくなりました。もう普通に歩けないと思うと悲しいです。この先いったいどうしたらよいでしょう?】

アレクサンダー
そんなの簡単だぜぇ!
答えはコチラ、ジャン!

ピンチはチャンスなり。
そんな時は上に乗ってもらいなさい。

女の子に上に乗ってもらって、グリグリ~グリグリ~。
グリグリしてもらいなさーい、ちんぽこりーん!!

グリグリサイコー!
以上年配相談天気予報の時間でしたちんぽこりん!!


ふかわ
あいつ仕事なめてんなあ


多田ダダが選ぶ1位:夫婦げんか日本海側に集中

夫婦喧嘩が多いランキング1位福井、2位島根、3位富山となり、日本海側では夫婦喧嘩が多発するという記事。

夫婦喧嘩は多いということは離婚率も高いのかと思い、調べてみると、2014年のデータですが離婚率1位は沖縄、2位北海道、3位大阪というならびになっていました。これは意外な結果です。

沖縄は東シナ海と太平洋に挟まれ、北海道は日本海、太平洋、オホーツク海に挟まれ、大阪は瀬戸内海に面しています。
この結果を見る限り、夫婦喧嘩が多いとされる日本海側との関連は一切なさそうです。
4位以下を上げていくと、宮崎、福岡、和歌山、高知、東京、鹿児島、熊本という順になります。

注目すべきは1位沖縄、4位宮崎、5位福岡、9位鹿児島、10位熊本です。8県ある九州地方のうち、5県がランクインするという九州率の高さ。
7位の高知も九州に近い位置ですし、日本の南側は離婚率が高いということなのでしょうか。

逆に離婚率が低い県を調べると、1位から順に新潟、秋田、山形、富山、島根、福井、岩手、石川、岐阜、長野ということになります。
まず驚くのが夫婦喧嘩が多いとされたトップ3が全てランクインしているということ。
そしてランクインした県は日本の北側で、雪国が多いということ。
先ほどの離婚率が高い県は日本の南側で暖かいイメージのある地域であったため、まさに真逆の結果となります。
これは気候が離婚に関わっていると言えなくもないデータじゃないでしょうか。

雪国で1人きりで生きていくのは雪下ろしなどもあるのでとても難しく、それが家族の結束力を高めているのかもしれませんね。

これらのデータから判明したのは、夫婦喧嘩の多さと離婚とは因果関係がないということ。
喧嘩をするほど仲がいいとは思いませんが、喧嘩をするほど仲が悪いわけではないようですね。

Pocket

SNSでもご購読できます。